>  >  > 『菊とギロチン』主要キャスト発表

東出昌大、木竜麻生が主要キャストに 瀬々敬久監督作『菊とギロチン』製作決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 瀬々敬久監督最新作『菊とギロチン』の主要キャストが発表された。

 本作は、『ヘヴンズストーリー』『64-ロクヨン-前編/後編』を手掛けた瀬々監督が、20年以上温め続けてきたオリジナル企画。第一次世界大戦後の大正時代を舞台に、農村を中心に活況を呈していた“女相撲興行”の女力士たちと、格差のない理想社会を夢見るアナキストたちの出会いを描く。

 このたびメインキャストとして発表されたのは、主人公の女力士・菊役を演じる木竜麻生と、関東大震災後に活動したアナキスト・中濱鐡役を演じる東出昌大の2名。木竜麻生は、約300名の女性応募者の中から主演の座を射止め、本作で映画初主演を果たした。

 さらに、2人の脇を固めるキャストとして、女力士・十勝川役の韓英恵、アナキスト・古田大次郎役の佐藤寛一郎の出演も決定。そのほか、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、川瀬陽太らの名前が並んでいる。

 第21回釜山国際映画祭内の企画マーケット“第19回アジアン・プロジェク ト・マーケット”では、中国の配給会社による“Bright East Film Award”を受賞した本作。10月7日から、京都・滋賀県などを中心に撮影が始まっている。

■公開情報
『菊とギロチン』
2017年公開
監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助
出演:木竜麻生、東出昌大、韓英恵、佐藤寛一郎ほか
公式サイト:http://kiku-guillo.com

「東出昌大、木竜麻生が主要キャストに 瀬々敬久監督作『菊とギロチン』製作決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版