>  >  > 『フィッシュマンの涙』公開決定

薬の副作用で“魚人間”に!? 青春モンスター映画『フィッシュマンの涙』日本公開決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イ・チャンドンがエグゼクティブ・プロデューサーを務める『フィッシュマンの涙』の日本公開が決定。あわせて、ポスタービジュアル・場面写真が公開された。

20161021-fishman-postar.jpg『フィッシュマンの涙』ポスター

 本作は、カンヌ映画祭短編部門パルムドール受賞作『セーフ(原題:Safe)』で脚本を担当した新鋭クォン・オグァン監督の、長編映画デビュー作。ある日、新薬治験の副作用で“魚人間”になってしまった純朴なフリーターの青年パク。父親、恋人、人権派弁護士、そしてスクープ狙いのTV局の見習い記者、それぞれの事情を背負いながら、魚男を産み出した製薬会社に闘いを挑む模様を描く。

 “外見は魚、内面は人”という難役には、TVドラマ「トンイ」、『コンフェッション 友の告白』のイ・グァンスが抜擢された。CGやVFXには頼らず、毎回4〜6時間を費やすスペシャルメイクと8kgを越える魚顔マスクを着用した半魚人スタイルで撮影に臨んだ。スクープを狙う熱血漢のTV記者には、『犬どろぼう完全計画』『台風太陽 君がいた夏』のイ・チョニ。彼ら二人を翻弄するワガママでキュートなヒロインを、『私のオオカミ少年』のパク・ボヨンが演じる。

 このたび公開されたポスタービジュアルには、「さようならヒューマンたち」のキャッチコピーとともに、道のド真ん中に置かれた水槽の中にいる“フィッシュマン”が映し出されている。

20161021-fishman-sub1.jpg

 

20161021-fishman-sub2.jpg

 

20161021-fishman-sub3.jpg

 

20161021-fishman-sub4.jpg

 

20161021-fishman-sub5.jpg

 

20161021-fishman-sub6.jpg

 

■公開情報
『フィッシュマンの涙』
2016年12月17日(土)よりシネマート新宿、HTC渋谷ほかロードショー
監督・脚本:クォン・オグァン
エグゼクティブ・プロデューサー:イ・チャンドン
プロデューサー:キム・ウサン
出演:イ・グァンス、イ・チョニ、パク・ボヨン
2015/韓国/92分/カラー/シネスコ/ドルビー 5.1
(c)2015 CJ E&M, WOO SANG FILM
公式サイト:fishman-movie.jp

「薬の副作用で“魚人間”に!? 青春モンスター映画『フィッシュマンの涙』日本公開決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版