>  >  > J・L・ゲリン特集上映&新作、来年1月公開

ホセ・ルイス・ゲリン監督最新作『ミューズ・アカデミー』来年1月7日に公開へ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『シルビアのいる街で』のホセ・ルイス・ゲリン監督最新作『ミューズ・アカデミー』が2017年1月7日に公開されることが決定。あわせて「ミューズとゲリン」と題した特集上映も行われることが発表された。

20161013-muse-postar.jpg『ミューズ・アカデミー』ポスター

 ホセ・ルイス・ゲリンが新作の舞台として選んだのは、実在する大学教授ビントにより開講される授業“ミューズ・アカデミー”。文学や芸術をひも解きながら、現代のミューズ像を探るこの教室で繰り広げられる議論や人間関係が、フィクションとドキュメンタリーの判別がつかない、ゲリン独自の映像と言葉で描かれる。

 そして、『ミューズ・アカデミー』の公開を記念し、ホセ・ルイス・ゲリン監督特集上映「ミューズとゲリン」も同時開催決定。2012年に開催し多くのゲリンファンを生み出した「ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」でも上映した7作品に加えて、11月に広島国際映画祭でブレミア上映される『サン=ルイ大聖堂の奴隷船サフィール号』含めた、短編4作品が上映される。また、広島国際映画祭開催に合わせて11月にはゲリン監督の来日が決定し、都内でのイベントも開催される予定。

20161013-jlgJ-postar.jpg「ミューズとゲリン」ホセ・ルイス・ゲリン監督特集上映ポスター

■公開情報
『ミューズ・アカデミー』
2017年1月7日(土)より、東京写真美術館ホール他全国順次公開
監督・脚本・撮影:ホセ・ルイス・ ゲリン
出演:ラファエレ・ビント、エマヌエラ・フォルゲッタ、ロサ・デロール・ムンス、ミレイア・イニエスタ
日本語字幕:高内朝子 字幕監修:岡本太郎
原題:La Academia de las Musas
2015 年/スベイン/92 分/デジタル/スベイン語・イタリア語・カタルーニャ語
配給:コピアポフィルム
(c)P.C. GUERIN & ORFEO FILMS

■「ミューズとゲリン」ホセ・ルイス・ゲリン監督特集上映
〈上映作品〉
『ベルタのモチーフ』、『イニスフリー』、『影の列車』、『工事中』、『シルビアのいる街の写真』、『シルビア のいる街で』
『ゲスト』、『アナへの 2 通の手紙』、『ある朝の思い出』、『サン=ルイのサフィール号』、『思い出』
2017年1月7日(土)~1月29日(日) 東京写真美術館ホール他全国順次公開
特別前売チケット 10/29(土)販売開始
1回券:¥1,400/2回券:¥2,600/トートバッグ付2回券:¥3,800
劇場受付、メイジャーネットにてお買い求めの方には特製ボストカードをブレゼント
特製トートバッグ付き前売券はメイジャーネットにて販売
公式サイト:http://mermaidfilms.co.jp/muse/

「ホセ・ルイス・ゲリン監督最新作『ミューズ・アカデミー』来年1月7日に公開へ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版