>  >  > 『エゴン・シーレ』邦題&公開日決定

異端の天才画家の伝記映画、『エゴン・シーレ 死と乙女』の邦題で2017年1月公開へ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィーン美術史に名を残す芸術家・エゴン・シーレの伝記映画“EGON SCHIELE – DEATH AND THE MAIDEN”が、『エゴン・シーレ 死と乙女』の邦題で日本公開が決定し、あわせてメインビジュアルも公開された。

20161010-econschiele.jpgメインビジュアル

 本作は、エゴン・シーレの最高傑作「死と乙女」に秘められた謎を解き明かす伝記映画。わずか28歳で早逝した異端の天才画家であり、数多くのモデルと浮名を流したエゴン・シーレには、とりわけ大きな存在となった2人の女性がいた。16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた妹ゲルティ、そしてクリムトのモデルを経て、シーレとは公私にわたるパートナーとなって彼の美のミューズであり続けたヴァリ。彼女たちとの濃密な愛の日々を通じて芸術を追求し続けるシーレの姿を描く。シーレ役にはモデル出身の新人、ノア・サーベトラが抜擢された。

 公開されたメインビジュアルは、シーレの作品「死と乙女」が上段に配置され、下段にはサーベトラ扮するシーレがスケッチをする様子が捉えられた一枚となっている。

■公開情報
『エゴン・シーレ 死と乙女』
2017年1月Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
監督:ディーター・ベルナー
出演:ノア・サーベトラ、マレシ・リーグナー、ファレリエ・ペヒナー、ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ
原題:EGON SCHIELE – DEATH AND THE MAIDEN
オーストリア・ルクセンブルク作品 109分 シネマスコープ 15+
配給:アルバトロス・フィルム
(c)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH

「異端の天才画家の伝記映画、『エゴン・シーレ 死と乙女』の邦題で2017年1月公開へ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版