>  >  > 『暗黒女子』予告映像公開

清水富美加、清野菜名、玉城ティナら“腹黒女子”が壮絶な騙し合い 『暗黒女子』特報映像が明らかに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 清水富美加&飯豊まりえW主演『暗黒女子』の公開日が2017年4月1日に決定し、あわせて特報映像&ティザービジュアルが公開された。

ankokujyoshi-t-th.jpg『暗黒女子』ティザービジュアル

 本作は、秋吉理香子の同名小説を、耶雲哉治監督と岡田麿里(脚本)のタッグで実写化した密室ミステリー。セレブな名門女子高を舞台に、カリスマ女子高生・白石いつみの死をめぐり、彼女をとりまく文学サークルの仲間たちが壮絶なダマし合いを繰り広げていく模様を描く。

 いつみの大親友で、いつみ亡き後の文芸サークル会長・澄川小百合役を清水富美加が務め、死後にいくつもの秘密を抱えていたことが明らかになる少女・白石いつみ役を飯豊まりえが演じている。そのほか、いつみの家に出入りしていたプロ作家・高岡志夜役を清野菜名、ブルガリアからきた留学生のディアナ・デチェヴァ役を玉城ティナ、文芸サロンでスイーツづくりに励む老舗料亭の娘・小南あかね役を小島梨里杏、いつみの妹の家庭教師を務める苦学生・二谷美礼役を平祐奈がそれぞれ演じている。

『暗黒女子』特報映像

 特報映像は、澄川小百合の「この中の誰かが、彼女を殺した」という一言からはじまり、各面々が不敵な笑みを浮かべる姿が映し出されていく。また、ティザービジュアルには、「わたし以外、幸せになるのは、許さない」のキャッチコピーとともに、豪華なお茶会の中で偽りの笑顔を装う文芸サークルの面々が収められている。

■公開情報
『暗黒女子』
2017年春全国ロードショー
出演:清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈
原作:秋吉理香子『暗黒女子』(双葉文庫) 
監督:耶雲哉治
脚本:岡田麿里 
制作プロダクション:ROBOT 
配給:東映/ショウゲート
(c)2017「暗黒女子」製作委員会
(c)秋吉理香子/双葉社
公式サイト:参考:http://ankoku-movie.jp

「清水富美加、清野菜名、玉城ティナら“腹黒女子”が壮絶な騙し合い 『暗黒女子』特報映像が明らかに」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版