>  >  > 『ジェイソン・ボーン』製作秘話が明らかに

M・デイモンら、“ボーン”シリーズ最新作の製作理由を明かす 「復帰にふさわしいタイミング来た」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マット・デイモン主演作『ジェイソン・ボーン』の製作理由を、マット・デイモン、ポール・グリーングラス監督らが明かした。

 本作は、マット・デイモンとポール・グリーングラス監督がタッグを組み製作された“ボーン”シリーズの最新作。記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者=ジェイソン・ボーンの新たな闘いを描く。

 シリーズ1作目から製作に携わっているフランク・マーシャルは、前作から10年の月日が経った理由を「ボーンが帰ってくるだけの正当な理由があり、かつ現実世界と関連があるストーリーをようやく思いついたんだ」と語る。また、主演のマット・デイモンは、「準備が整わないまま続編の製作を決めるのは嫌だった。ボーンの復帰にふさわしいタイミングまで待っていたんだ」とシリーズ復活についてコメントしている。

20160917−BOURNE-sub1-th-th.jpg

 

 シリーズ2作目と3作目の監督を担当したポール・グリーングラス監督は、「『ボーン』シリ-ズは私にとって家族のようなものだ。皆が再集結してうれしいよ。大勢の人がシリーズ復活はあり得ないと思っていたようだが実現した。まるで、昔のロックバンドが再集結してツアーに出るようだね。過去の名曲と神曲の両方を演奏するんだ」と喜びを語っている。続けてマットも、「他のどんな役を演じたとしても、ジェイソン・ボーン役はずっと僕に付いて回るだろうね。でも、彼のことはすごく気に入っているから、かまわないんだ」と、キャタクターへの愛を述べた。

 さらにマットは、ファンの熱量が本作を製作する後押しになったと語る。「結局のところ、僕たちが続編を作ることにした一番の理由は、皆が見たいと思ってくれていたからだ。空港や街の通りなど、行く先々でいつも聞かれる質問が『ボーンの続編は作る?』だったんだよ。よい作品を作ろうと全員がベストを尽くしたね!」と、ファンから続編を熱望されていたことを明かした。

■公開情報
『ジェイソン・ボーン』
10月7日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開
監督:ポール・グリーングラス
脚本:ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ
キャラクター原案:ロバート・ラドラム
出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィキャンデル、ヴァンサン・カッセル、トミー・リー・ジョーンズ
配給:東宝東和
原題:JASON BOURNE
(c)Universal Pictures
公式サイト:bourne.jp

「M・デイモンら、“ボーン”シリーズ最新作の製作理由を明かす 「復帰にふさわしいタイミング来た」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版