>  >  > 池永正二、『太陽を掴め』の劇伴を担当へ

映画『太陽を掴め』劇伴をあら恋・池永正二が担当 中村祐太郎「叙情的でエネルギッシュな劇伴」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月下旬に公開される中村祐太郎監督の最新作『太陽を掴め』の劇伴を、あらかじめ決められた恋人たちへの池永正二が担当することが決まった。

 本作は、音楽を題材にした都会の若者たちを描く青春映画。元子役のミュージシャンである主人公ヤットを吉村界人、フォトグラファーのタクマを浅香航大、タクマの元恋人ユミカを岸井ゆきのがそれぞれ演じる。そのほか、古舘寛治や柳楽優弥らが出演する。

 このたび劇伴を担当することが決まった池永は、あらかじめ決められた恋人たちへのバンドマスターとして活動しながら、山下敦弘監督の『味園ユニバース』や沖田修一監督の『モヒカン故郷に帰る』などの作品でも劇伴を担当してきた。中村監督と池永からはコメントが寄せられている。

中村祐太郎(監督)コメント

「真っ赤な青春群像劇」である『太陽を掴め』には、叙情的でエネルギッシュな劇伴が必要でした。池永正二さんと制作中の劇伴によって、まるで鮮血がほとばしるような感情が映画に与えられました。本作が完成を迎えたとき、きっと武者震いが起きることだろうと思います。ご期待下さい。

池永正二(劇伴担当)コメント

叫び、悩み、挫け、泣き、走り、また叫び、ぶつかり合って散り散りに弾けとんでしまう。めずらしい程に純粋な青春映画です。今、制作中なのですが、とても良い映画になりそうです。是非、観に来てください。

■公開情報
『太陽を掴め』
12月下旬よりテアトル新宿ほか全国順次公開予定
出演:吉村界人、浅香航大、岸井ゆきの、三浦萌、森優作、内田淳子、松浦祐也、古舘寛治、柳楽優弥(友情出演)
監督・脚本:中村祐太郎
プロデューサー:髭野純
脚本:木村暉
制作・配給:UNDERDOG FILMS
100分(予定)/カラー/2016/シネマスコープ
(c)2016 UNDERDOG FILMS

「映画『太陽を掴め』劇伴をあら恋・池永正二が担当 中村祐太郎「叙情的でエネルギッシュな劇伴」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版