>  >  > 『七つの大罪』続編、Netflix配信決定

鈴木央によるオリジナルストーリー『七つの大罪 聖戦の予兆』 9月2日からNetflixで配信決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気コミック『七つの大罪』をアニメ化した『七つの大罪 聖戦の予兆』が、Netflixで9月2日より配信されることが決定した。

 『七つの大罪』は、第39回講談社漫画賞少年部門に輝いた鈴木央の同名漫画を、『魔法先生ネギま!~もうひとつの世界~』などを手掛けるところともかず監督がアニメ化したヒロイック・ファンタジー。最強聖騎団“七つの大罪”の団長を務めていたメリオダスと王妃・エリザベスが、“大罪人”を探す冒険模様が描かれる。

 『七つの大罪 聖戦の予兆』は、原作者・鈴木央による完全描きおろしストーリー(全4話)で、聖騎士・ヘンドリクセンらとの激しい戦いの後、つかの間の平穏を取り戻したメリオダスたちの日常が映し出されていく。また、本作は日本以外の国への順次ストリーミングを予定しており、アジア以外のエリアでは独占配信される。

 メインキャストは、メリオダス役を梶裕貴、エリザベス役を雨宮天、ホーク役を久野美咲といった第1期シリーズのキャストが続投。シリーズ構成・脚本は『少女たちは荒野を目指す』の綾奈ゆにこが手掛け、アニメーション制作はTV第1期シリーズに引き続きA-1Picturesが担当している。

 なお、メリオダスとエリザベスの出会いと、冒険の始まりを描いた第1期シリーズ『七つの大罪』(全24話)もNetflixでストリーミング配信中だ。

TheSevenDeadlySins-s-th.jpg

 

■作品情報
『七つの大罪 聖戦の予兆』 9月2日(金)より毎週金曜日配信スタート
原作:鈴木央(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:ところともかず
シリーズ構成:綾奈ゆにこ
脚本:綾奈ゆにこ・木戸雄一郎
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
総作画監督:須藤智子・伊藤公規
音楽:澤野弘之、和田貴史
制作:A-1 Pictures
キャスト:梶裕貴(メリオダス)、雨宮天(エリザベス)、久野美咲(ホーク)、悠木碧 (ディアンヌ)、鈴木達央(バン)、福山潤(キング)、髙木裕平(ゴウセル)、坂本真綾(マーリン)、宮野真守(ギルサンダー)、木村良平(ハウザー)、櫻井孝宏(グリアモール)ほか
『七つの大罪 聖戦の予兆』公式サイト:http://www.7-taizai.net/ 
(c)鈴木央・講談社/「七つの大罪TVSP」製作委員会・MBS

「鈴木央によるオリジナルストーリー『七つの大罪 聖戦の予兆』 9月2日からNetflixで配信決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版