>  >  > クドカンの興行実績を振り返る

宇野維正の興行ランキング一刀両断!

『TOO YOUNG TO DIE!』初登場1位を機に、映画監督クドカンのこれまでの興行実績を振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160626-rank3-th-th.jpg

 

 先週末の動員ランキング、初登場1位となったのは長瀬智也主演(神木隆之介とのW主演)、宮藤官九郎監督の『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』。288スクリーンで公開されて、土日2日間で動員18万8028人、興収2億5811万9400円。ご存知の方も多いだろうが、本作はもともと今年2月6日の公開予定だったが、物語の導入部がその3週前に起きた軽井沢スキーバス転落事故を連想させるとして、こうして4ヶ月以上公開が延期されていたもの。もっとも、公開が予定されていた2月の同週は『オデッセイ』が大方の予想を超える大ヒットで初登場1位、『信長協奏曲』もロングヒット中で、仮に先週末と同じ数字をスライドさせると2位に大きく離されての3位となっていた(もろもろ複雑な要素が絡むので単純に比較すべきではないかもしれないが)。

 さて、主演俳優としての長瀬智也にとっても、映画監督としての宮藤官九郎にとっても、結果的に初の動員ランキング1位作品となった『TOO YOUNG TO DIE!』。主演俳優&脚本家としてTVドラマでは度々タッグを組んできた二人だが、主演俳優&映画監督としてタッグを組むのは2005年の『真夜中の弥次さん喜多さん』以来二度目であり、実に11年ぶりのことだった。ちなみに、同作は宮藤官九郎にとって初めての映画監督作品。いい機会なので、これまでの「映画監督」宮藤官九郎の歩みを興行面から振り返ってみよう。

 2005年4月に先行で3館限定という変則的な興行形態で公開された『真夜中の弥次さん喜多さん』は、動員ランキング圏外だった1週目から17位→7位→10位という高推移を記録。宮藤官九郎にとって、まずは好調な映画監督デビューとなった。次の監督作は2009年2月公開の『少年メリケンサック』。公開初週の週末の動員は15万4361人、興収2億0138万1550円で動員ランキングは初登場3位。累計興収でも10億円を超えるスマッシュヒットを記録した。しかし、監督3作目となった2013年5月公開の『中学生円山』はオープニング2日間で動員4万7919人、興収6689万9200円、動員ランキングは初登場9位と大苦戦。ちょうど脚本家としてTVドラマ『あまちゃん』でフィーバーを巻き起こしていた時期だっただけに、「脚本家」宮藤官九郎と「映画監督」宮藤官九郎の明暗がクッキリと浮き上がることとなった。

      

「『TOO YOUNG TO DIE!』初登場1位を機に、映画監督クドカンのこれまでの興行実績を振り返る」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版