>  >  > 『ジャングル・ブック』動物をどう描いた?

『ジャングル・ブック』の“話す動物”はなぜリアル? ファヴロー監督が制作秘話明かす

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全米公開時に3週連続NO.1を記録したディズニー映画『ジャングル・ブック』より、リアルな動物たちを描き出した制作手法が明かされた。

 本作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のディズニー・スタジオが手がけたエンターテイメント巨編。ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリと、自然の掟と共に雄々しく生きる動物たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを描く。『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督がメガホンを取った。

 本作に登場する動物たちは、実在しているかのようなリアルさを持ちながら、違和感を抱かせる事なく話し、表情やしぐさで自身の感情を表現している。現実には存在しないリアルな動物達を描くため、制作陣は多くの映像をもとに徹底的なリサーチを行い、動物の感情表現や体の動かし方などを研究。“人間のような”感情表現ではなく、自然の動物たちの取りうる仕草が再現され、声優の演技にあわせて動物たちのボディランゲージが用いられた。
 
 ファヴロー監督は「もしも話すことができる動物が実在したら、それはこの映画のキャラクターたちと全く同じ動きになるはずだよ」と話し、「この映画では、ひとつずつのシーンに何百人という人間が関わって、鑑賞者が没入出来るストーリーを描くためにあらゆる努力を注いでいるんだ。でも彼らの存在を鑑賞者が認識することは決して無い。圧倒的なリアリティを感じてもらうために、僕たちは完全に技術の“足跡”を消すことを心がけたんだ」と撮影秘話を明かした。
        
■公開情報
『ジャングル・ブック』
8月11日(木・祝)全国ロードショー
監督:ジョン・ファヴロー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
原題:「The Jungle Book」
(c)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/junglebook

「『ジャングル・ブック』の“話す動物”はなぜリアル? ファヴロー監督が制作秘話明かす」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版