>  >  > 『エル・クラン』9月より日本公開決定

ヴェネチア国際映画祭にて監督賞受賞『エル・クラン』9月より日本公開決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第72回ヴェネチア国際映画祭にて監督賞となる“銀獅子賞”を受賞した映画『エル・クラン』が、9月より日本公開されることが決定した。

 本作は、1983年にアルゼンチンの平和な街で実際に起きた事件を映画化。周囲からも慕われる家族“プッチオ家”に隠された秘密と、“プッチオ家”のまわりで多発する金持ちだけを狙った身代金事件を描く。

 本作は、ヴェネチアの“銀獅子賞”をはじめ、第10回アルゼンチンアカデミー賞では最多5部門(撮影・新人男優・美術・衣装・録音)を受賞。また、第30回ゴヤ賞のイベロアメリカ映画賞、第40回トロント国際映画祭Platform Prize特別賞、第32回マイアミ国際映画祭観客賞をそれぞれ受賞している。『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバルが製作、『セブン・デイズ・イン・ハバナ』のパブロ・トラペロが脚本・監督を務めている。

■公開情報
『エル・クラン』
9月より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国公開
監督:パブロ・トラペロ
脚本:パブロ・トラペロ、ジュリアン・ロヨラ
製作:ペドロ・アルモドバル、パブロ・トラペロ
出演:ギレルモ・フランセーヤ、ピーター・ランザーニ、リリー・ポポヴィッチ
配給:シンカ、ブロードメディア・スタジオ
宣伝:スキップ
原題:「El Clan」
2015/アルゼンチン/110分/シネスコ
(c)2014 Capital Intelectual S.A./MATANZA CINE/EL DESEO
公式サイト:el-clan.jp

「ヴェネチア国際映画祭にて監督賞受賞『エル・クラン』9月より日本公開決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版