>  >  > 『死霊館 エンフィールド事件』予告編公開

『死霊館 エンフィールド事件』、予告編&ポスタービジュアル公開 実際に起こった怪奇事件を描く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月9日に公開されるホラー映画『死霊館 エンフィールド事件』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は2013年に公開された『死霊館』の続編。1977年~1980年ごろに、イギリス・エンフィールドで
実際に起こったエンフィールド事件を題材に、数々の不可解現象に苦しむ少女ジャネットと4人の子を育てるシングルマザーを救うため、心霊研究家のウォーレン夫妻が、再び恐怖の元凶と対峙する模様を描く。『ソウ』『インシディアス』のジェイムズ・ワン監督が前作に続きメガホンを取り、ベラ・ファーミガとパトリック・ウィルソンが、ウォーレン夫妻役を続投する。

『死霊館 エンフィールド事件』予告編

 このたび公開された予告編の冒頭では、「私の家から出て行け」「(名前は)ビル・ウィルキンス。72歳だ」と、テープレコーダーに録音されたしゃがれ声の主が、11歳の少女だと神父から知らされ、驚くウォーレン夫妻の姿が映し出される。その後、彼女がいるエンフィールドに向かったウォーレン夫妻の姿とともに、突然豹変する少女・ジャネットや、壁に飾られた数々の十字架が逆さになる部屋、暗闇から襲いかかる謎の存在など、数々の怪奇現象が映し出される。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、部屋の窓際に立つジャネットと、心霊研究家ロレイン・ウォーレンが握り締めたロザリオを中心に、“その日、世界は初めて心霊現象(ポルターガイスト)を信じたーー”というコピーが添えられている。

20160513-shiryoukan-sub.png

 

20160513-shiryoukan-poster.jpg

 

■公開情報
『死霊館 エンフィールド事件』
7月9日(土)新宿ピカデリーほか全国公開
監督:ジェイムズ・ワン
原案:チャド&ケイリー・ヘイズ、ジェイムズ・ワン
脚本:チャド&ケイリー・ヘイズ、ジェイムズ・ワン、デイビッド・レスリー・ジョンソン
出演:ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、フランシス・オコナー、マディソン・ウルフ、フランカ・ポテンテほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
2016/アメリカ/シネスコ/デジタル/原題:The Conjuring 2 
(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:www.shiryoukan-enfield.jp

「『死霊館 エンフィールド事件』、予告編&ポスタービジュアル公開 実際に起こった怪奇事件を描く」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版