>  >  > 『ターザン:REBORN』吹替に桐谷健太

桐谷健太、『ターザン:REBORN』吹替を担当 「ワイルドでパワフルなターザンの声を演じたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 桐谷健太が、7月30日に公開される映画『ターザン:REBORN』の日本語吹替版声優を務めることが決定した。

 本作は、1912年にエドガー・ライス・バローズが発表した小説『ターザン』を原作に、『ハリーポッター』シリーズのデヴィッド・イェーツ監督が映画化したアクション・エンターテイメント。コンゴのジャングルで動物たちに育てられ、現在は英国貴族として妻と裕福な暮らしを送るジョンこと“ターザン”が、故郷を救うためジャングルに戻ることを決意する模様を描く。キャストには、『ザ・イースト』のアレクサンダー・スカルスガルド、『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビー、『アベンジャーズ』シリーズのサミュエル・L・ジャクソン、『ヘイトフル・エイト』のクリストフ・ヴァルツらが名を連ねる。

 桐谷健太が吹替版声優を務めるのは、スカルスガルド演じる主人公のターザン。実写声優初挑戦となる桐谷は、オファーを受けた翌日に快諾したといい、「初の実写声優で、あの誰もが知っているターザンの声をやらせて頂けるということで、気合いはもちろん、今から自然をもっと身体にまぶして、実写に負けないワイルドでパワフルなターザンの声を演じたいと思います!」と意気込んでいる。

 また、メガホンを取ったイェーツ監督とプロデューサーのデヴィッド・バロンは、桐谷がターザン役の声優を務めることについて、「桐谷健太さんが日本のターザンになってくれて嬉しいよ! 時代を超越して愛される『ターザン』が本作では新たに生まれ変わる。我々は桐谷さんが日本の皆様に新たなターザンの魅力を届けてくれることを確信しているよ!」とコメントを寄せた。

■公開情報
『ターザン:REBORN』
7月30日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか2D/3D全国ロードショー
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:アレクサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン、クリストフ・ヴァルツ
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:The Legend of TARZAN
(c)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/tarzan/

「桐谷健太、『ターザン:REBORN』吹替を担当 「ワイルドでパワフルなターザンの声を演じたい」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版