>  >  > 『シビル・ウォー』C・ボーズマンらコメント

『シビル・ウォー』ブラックパンサーの登場はファンの意見を参考にした? 監督らがコメント

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在公開中の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より、今回初登場となるキャラクター、ブラックパンサーに関するコメントが、キャスト・監督から寄せられた。

 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、キャプテン・アメリカとアイアンマンが“友情”によって対立し、アベンジャーズを二分する“禁断の戦い”へ発展する模様を描いたアクション・エンターテインメント。キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース役のクリス・エヴァンス、アイアンマン/トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jr.をはじめ、ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ役のスカーレット・ヨハンソン、ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ役のセバスチャン・スタンらが出演する。

 チャドウィック・ボーズマン演じるブラックパンサー/ティ・チャラは、トム・ホランド演じるスパイダーマン/ピーター・パーカーと同じく、本作で初めてマーベル・シネマティック・ユニバース作品に登場するキャラクターだ。ブラックパンサーは原作コミックでも人気が高く、今後単独映画の製作も予定されている。

 メガホンを取ったジョー・ルッソ監督は、「ネット上でファンがブラックパンサーにどれだけ愛着を持っているかを知ったんだ。ファンあっての映画だから、ファンの意見に耳を傾けることはとても重要だよ。そこからアイデアを得ることは少なくない。だからブラックパンサーに対するみんなのとてつもない情熱に応えないといけないと思った。彼の登場シーンは素晴らしいものにしたつもりだよ」と、撮影前からネット上でブラックパンサーの人気をリサーチし、マーベルファンの意見を参考にしたことを明かし、アイアンマン役のダウニー・Jr.も、「ブラックパンサーの登場は本当に大胆で賢いし、何よりマーベルがファンの欲していることを察知し応え続けている証拠だと思う」と語っている。

 ブラックパンサー役に抜擢されたボーズマンは、オファーが来た時の心境を「『イエス、ぜひやりたい!』と思ったんだ。色々考えたけど、結局のところ純粋に演じたいという気持ちだったよ」と、振り返っている。ダウニー・Jr.はボーズマンとの共演について、「チャドウィックはとても知的で興味深くてダイナミックな男だから、彼を選んだのは最高の選択だね。状況を見定めながらも自分自身の問題を抱えているようなキャラクターを見事に演じているよ」と振り返り、ボーズマンの演技を大絶賛している。

■公開情報
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
全国公開中
監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・ファイギ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Marvel.
公式サイト:Marvel-japan.jp/Civilwar

「『シビル・ウォー』ブラックパンサーの登場はファンの意見を参考にした? 監督らがコメント」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版