>  >  > 『レジェンド』冒頭映像公開

トム・ハーディ、高級車でスマートにタバコを燻らす姿も 『レジェンド 狂気の美学』冒頭映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『レジェンド 狂気の美学』一部本編映像

 トム・ハーディ主演作『レジェンド 狂気の美学』より、本編の冒頭を収めた映像が公開された。

 本作は、“切り裂きジャック”と並び称され、20世紀イギリス犯罪史上もっとも有名な犯罪者と言われる双子のクレイ兄弟の真実の姿を描いたギャング映画。60年代のロンドンで暗躍した彼らをトム・ハーディが一人二役で演じている。

 公開された冒頭映像には、ギャングスターのイメージそのままの二人が高級車の後部座席で煙草の煙を燻らせるシーンから始まり、兄のレジナルドがロンドン、イースト・エンドの自宅前で自身の張り込みに就いている刑事二人に紅茶を差し入れ、 彼らを茶化すようなやり取りをした後、寝坊をしたお抱え運転手を徒歩で迎えにいく様子も収められていく。さらには、道すがらすれ違う近所の主婦と気さくに挨拶を交わし、預かっていた忘れ物を手渡すその姿も。ロンドンの裏社会を手中に収めつつあったギャングらしからぬ描写も確認できる。

 本作の撮影にあたり、クレイ兄弟について徹底的にリサーチしたという監督のブライアン・ヘルゲランドは「クレイ兄弟の人生はこの半世紀近くもの間、伝聞やタブロイド紙の記事の中でまことしやかに語られ続け、その真実がどこにあるのかもはや分からなくなってしまっていた。クレイ兄弟はロンドンという街の一部であり伝説的な存在だ。彼らはギャングにまつわるどこまでも暴力的な逸話の数々の中心にありながらにして、地元のお年寄りのためにドアを紳士的に開けて待っていてくれる現代版ロビン・フッドでもある。しかしその人生について語られるたびに、作り手の意図によって真実が歪曲され作り変えられてしまった。この作品で凶暴という一般的なイメージにとどまらず、この映画全体から今や“伝説”となってしまった彼らも人間だということを観客に感じとってもらいたいんだ」と兄弟について語る。

 そのほか、約3分間の映像の中には、レジナルドの恋人役を務めたエミリー・ブラウニングによる意味深なナレーションや、レジナルドの警察への挑発的な態度とイースト・エンドの人々への砕けた様子の対比も描かれている。

■公開情報
『レジェンド 狂気の美学』
6月18日(土)より YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショー
監督・脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:トム・ハーディ、エミリー・ブラウニング、タロン・エガートン、デヴィット・シューリス、ポール・べタニー、クリストファー・エクルストン
2015年/イギリス/英語/131分/5.1ch/シネスコ/原題:Legend/R15+
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
(c)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://www.legend-movie.net

「トム・ハーディ、高級車でスマートにタバコを燻らす姿も 『レジェンド 狂気の美学』冒頭映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版