>  >  > 『太陽』舞台挨拶に神木隆之介ら登壇

神木隆之介、門脇麦ら『太陽』舞台挨拶に登壇 門脇「みんなで必死に戦いながら作り上げた作品」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神木隆之介主演作『太陽』の舞台挨拶が4月23日に角川シネマ新宿(東京)で行われ、主演の神木隆之介をはじめ、ヒロイン役の門脇麦、古舘寛治、「劇団イキウメ」主宰で原作・脚本の前川知大、入江悠監督が登壇した。

 本作は、「劇団イキウメ」によって上演された舞台『太陽』を基に、『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠がメガホンを取った近未来SF。21世紀初頭、心身ともに進化しながらも太陽の光に弱くなり夜しか生きられなくなった新人類「ノクス」と、ノクスに管理されながら貧しく生きる旧人類「キュリオ」という二種類の人類の生活を描く。

 ノクス社会への憧れを隠さずに鬱屈した毎日を送る主人公・鉄彦役を務める神木隆之介は、本作について「初めて観た時、まだこの映画のことを全部理解できないなと思いました。でもいまの歳、環境で僕の中で感じたことがあり、5年後、10年後と違う環境でまた全然違うことを感じるんだろうと思いました。みなさんの心の中で育てていっていただく作品だと思います」とコメント。

 続けて、ノクスそのものへの反感を糧に村の復興を考えるヒロイン・結役を演じる門脇麦は「本当に現場は寒くて、明け方から撮影して、ちょっと寝て、また夜中まで撮影のこともありました」と過酷な撮影を振り返りつつも「『いいものを作ろう』『新しいものを作ろう』という静かな熱気にあふれていました。みんなで必死に戦いながら作り上げた作品です!」と本作への自信を語った。そんな門脇と親子役で出演した古舘は「僕は普段は“ピンポイント俳優”で、ちょっと出てすぐいなくなることが多いんですが、今回はたくさん出ていて、しかも割といい男です」と得意げに語り笑いを誘った。

 2011年の舞台初演直後、前川と共に映画の脚本づくりを始めたという入江監督。「普段はそういう言葉遣わないんですが『これは傑作だ!』と思い、何とかその感触にちかづけたいと、前川さんと一緒にディスカッションし試行錯誤してきました」と述懐した。続けて前川も「よく『作品は自分の子供』と言いますが、そういう意味では2011年からずっと練ってきて、立派に親離れしてひとりで歩いていると思います。こちらから『どう見てほしいか』というのはなくて、観た人それぞれが持って帰っていただければ」と満足そうな表情を見せていた。

 また、本作の見どころについて聞かれた神木は長回しの撮影を挙げる。「独特の緊張感、スピード感、人間の感情がリアルタイムで動いていく瞬間を肌で感じられると思います」と神木が語り、入江監督も「俳優にしか出せない“知性”というものがあると思います。長回しによって、それぞれがどのように変化していくのかをじっと見ていただけると思います」と語った。

20160424-taiyou-sub1-th.jpg神木隆之介
20160424-taiyou-sub2-th.jpg門脇麦



■公開情報
『太陽』
4月23日(土)より角川シネマ新宿ほかにて全国ロードショー
出演:神木隆之介、門脇麦、古川雄輝、水田航生、村上淳、中村優子、高橋和也、森口瑤子、綾田俊樹、鶴見辰吾、古舘寛治
監督:入江悠
脚本:入江悠、前川知大
原作:前川知大 戯曲「太陽」(第63回読売文学賞戯曲・シナリオ賞受賞)
企画・製作:アミューズ、KADOKAWA
配給:KADOKAWA
2016/日本/129分/5.1ch/ヨーロピアン・ビスタ/カラー/デジタル
(c)2015「太陽」製作委員会
公式サイト:eiga-taiyo.jp

「神木隆之介、門脇麦ら『太陽』舞台挨拶に登壇 門脇「みんなで必死に戦いながら作り上げた作品」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版