>  >  > 『レヴェナント』特別映像公開

ディカプリオの“熊コート”はどう作られた? 『レヴェナント:蘇えりし者』衣装にスポット

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『レヴェナント:蘇えりし者』特別映像(衣装編)

 レオナルド・ディカプリオ主演作『レヴェナント:蘇えりし者』より、衣装デザインにスポットを当てた特別映像が公開された。

 本作は、仲間に息子を殺され、未開の地に取り残されたハンター、ヒュー・グラスの壮絶な復讐劇を描くサバイバルムービー。本年度のアカデミー賞では、監督賞(アレハンドロ・G・イニャリトゥ)、主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)、撮影賞(エマニュエル・ルベツキ)の3部門に輝いた。

 公開された特別映像では、本作の衣装デザインを手掛けた衣装デザイナー、ジャクリーン・ウエストの仕事の一端を確認することができる。本作をはじめ、『アルゴ』や『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』でアカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされたウエストは、“月並みな描写を超えたい”と考え、本作の時代に詳しいアルフレッド・ジェイコブ・ミラーとカール・ボドマーという2人のアーティストの絵やスケッチなどを参考にして衣装を製作した。

 映像内でウエストは「アレハンドロは、着ている物でその人物を表現したいと思っている」と明かし、なかでもディカプリオ演じるヒュー・グラスについては「レオが仲間の猟師に見捨てられて取り残された時に、熊の皮を着るというとても詩的な考えを持っていた。これはとても叙情詩的なイメージだし、命を奪おうとした物に命を救われるというアイロニーがある。皮のおかげで彼は暖かく守られ、川では浮力になってくれる」と振り返る。

 一方、グラスを裏切ったトム・ハーディ演じるフィッツジェラルドの衣装については、対照的なものにしたという。ウエストは「フィッツジェラルドは、恐怖に駆られている人だと思うから、彼の衣装には、たくさんの動物を組み合わせた。コートの裏地はカワウソで、帽子は、ビーバーよ」と解説した。500人分の衣装を作ったというウエストは、用いた毛皮や皮も、人道にかなった形で捕獲されたもので製作した。全体を通して暗い色にすることを目指し、その理由として「衣装はどれも薄汚れていて、風雨にさらされている。でも映像は素晴らしいわ。衣装とは対照的に役者たちの目が光っているからよ」と語った。

20160419-revenant-th-th.jpgトム・ハーディー

■公開映像
『レヴェナント:蘇えりし者』
4月22日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディほか
(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/revenant/

「ディカプリオの“熊コート”はどう作られた? 『レヴェナント:蘇えりし者』衣装にスポット」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版