>  >  > 『デスノート』中村獅童がリューク役続投へ

中村獅童、『デスノート 2016』でリューク役続投へ 「思い入れが深い作品で、とても嬉しかった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中村獅童が、10月29日に公開される映画『デスノート 2016』で、死神のリューク役を続投することが発表された。

 『デスノート 2016』は、大場つぐみと小畑健による人気コミックを映画化した『DEATH NOTE』シリーズの続編。デスノートを駆使して凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと八神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの対決から10年後、デスノート対策本部の三島、“Lの正統な後継者” 竜崎、キラを神と拝めるサイバーテロリストの紫苑らが繰り広げる、デスノートの争奪戦を描く。

 リュークは、死神界の退屈な日々に嫌気がさし、“面白そうだから”という興味心から、人間界に自分のデスノートを持ち込んだ死神。中村獅童は、2006年に公開された映画『DEATH NOTE』と『DEATH NOTE the Last name』、2006年〜2007年に日本テレビ系で放送されたテレビアニメ『DEATH NOTE』、2009年に公開されたスピンオフ映画『L change the WorLd』でも死神・リューク役の声優を務めている。

 あわせて、佐藤信介監督の新解釈のもと、フルCGで描かれるリュークの場面写真も公開されている。『デスノート 2016』では、新たなデザインの6冊のノートとともに、新たな死神も登場する予定だ。リューク役の続投が決まった中村獅童と佐藤貴博プロデューサーからは、コメントが到着している。

中村獅童 コメント

出来上がりがどんな風になるのかなっていうのが私自身もすごく楽しみです。今までのデスノートファンの方、映画を観て好きになった方など、いろいろな方がいらっしゃると思いますが、この作品でまた新しいデスノートが誕生したのではないのかなという風に思います。私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです。

佐藤貴博プロデューサー コメント

2006年の映画『デスノート』2部作と連続アニメ『デスノート』、そして2008年のスピンオフ映画『L change the WorLd』で死神リュークを演じていただいた中村獅童さんは、デスノートシリーズを象徴する俳優です。藤原竜也くんや松山ケンイチくん、そして我々の公私に渡っての兄貴分でもありましたので、獅童さんがリュークを演じてくれないと全く落ち着かないのです(笑)。今回、またリューク役を引き受けてくれて、新キャスト・スタッフたちをうまく「デスノートワールド」に誘ってくれてるので、本当に感謝しております。リュークのビジュアルも10年間の進化と、佐藤信介監督の新解釈によりスタイリッシュに、そしてよりダークにビルドアップしていますが、前回と違って獅童さんのフェイシャルキャプチャーも行い、表情のお芝居もCGに落とし込んでいますので、まさに獅童リュークの決定版となること間違いなしです! そして、ストーリー的にも、何故リュークはまたも人間界にデスノートをもたらすのか? 月やLの激闘をどのように捉えていたのか? が重要なカギとなりますので、よりパワーアップしたビジュアルと、獅童さんの邪悪なお芝居で表現される死神リュークは見逃せないと思います。

■公開情報
『デスノート 2016』
10月29日(土)より、丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国拡大ロードショー
原作:「デスノート」大場つぐみ・小畑健(集英社ジャンプコミックス刊)
制作プロダクション:日活/ジャンゴフィルム
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:佐藤信介
脚本:真野勝成
(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
公式サイト:www.deathnote2016.com

「中村獅童、『デスノート 2016』でリューク役続投へ 「思い入れが深い作品で、とても嬉しかった」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版