>  >  > 『レヴェナント』特別映像公開

ディカプリオら、アカデミー賞3部門受賞『レヴェナント』への思い明かす特別映像公開

関連タグ
アカデミー賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
トム・ハーディ
レオナルド・ディカプリオ
レヴェナント:蘇えりし者
洋画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第88回アカデミー賞で3部門を受賞した『レヴェナント:蘇えりし者』より、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督やレオナルド・ディカプリオが本作への思いを語る特別映像が公開された。

 『レヴェナント:蘇えりし者』は、19世紀アメリカの荒野を舞台に、狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラスが、息子を殺したジョン・フィッツジェラルドに復讐を果たすため生き延びようとする、過酷なサバイバルの旅を描いた人間ドラマ。レオナルド・ディカプリオが主人公ヒュー・グラスを演じるほか、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディらが出演する。

映画『レヴェナント:蘇えりし者』特別映像(Themes Of The Revenant)

 このたび公開された映像は、第88回アカデミー賞で主演男優賞を受賞したディカプリオ、監督賞を2年連続で受賞したイニャリトゥ監督、撮影賞を3年連続で受賞したエマニュエル・ルベツキが、本作について語ったもの。

 イニャリトゥ監督は、「グラスの身に起きた悲劇を壮大なスケールで描くと同時に、彼の精神を映し出している」と解説しながら、「父と息子の愛を最も丁寧に描いた。本作の核となるからだ」と、サバイバルの裏に隠されたテーマを明かしている。

 ディカプリオは、「アレハンドロは何よりも詩的な美しさを追求していた。人生に立ちはだかる不条理に打ち勝つ精神の美しさだ」とイニャリトゥ監督との仕事を振り返りながら、「全く新しい感覚だ。あまりの臨場感に息をのむだろう」と自身のほどをのぞかせ、撮影を担当したルベツキも「地形もキャラクターを知る大切な要素だ。外界での旅だけでなく、心の変化も表している」と見どころを語っている。

■公開情報
『レヴェナント:蘇えりし者』
4月22日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
(c)2016 Twentieth Century Fox
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/revenant/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版