>  >  > 『アーロと少年』ミュージック予告公開

Kiroro名曲「Best Friend」が友情を彩る 『アーロと少年』ミュージック予告映像公開

関連タグ
アニメ
アニー賞
アーロと少年
ジョン・ラセター
ディズニー
ピクサー
洋画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アーロと少年』予告映像

 ディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』より、Kiroroの「Best Friend」に乗せたミュージック予告が公開された。

 『アーロと少年』は、恐竜たちが進化を続け文明と言葉を持つようになった世界を舞台に、弱虫でひとりぼっちの恐竜アーロが家族の元に帰るため、大冒険を繰り広げるアドベンチャー・ファンタジー。女性デュオ・Kiroroの名曲「Best Friend」が、本作の日本版エンドソングとなる。

 今回公開されたミュージック予告では、「Best Friend」に乗せて弱虫で怖がりの恐竜アーロと人間の少年スポットの友情の軌跡が描かれる。言葉が通じず、始めはなかなか互いのことが理解できないアーロとスポットだったが、家族の元へ帰る冒険の中で共に困難を乗り越えていくうち、お互いがかけがえのない友だちになっていることに気付く。そんな二人の関係性を、「Best Friend」の「あなたの笑顔に何度助けられただろう。ありがとう。ありがとう。Best Friend」という歌詞の一節が表している。

 今作のためにリミックスされた「Best Friend~Mother Earth Version~」は、劇中で描かれる雄大な自然風景と感動的なストーリーにマッチするよう、ピクサー監修の下、オリジナル曲に壮大なオーケストラの演奏を加えている。ピーター・ソーン監督は、本作で“言葉を超えた感動”を描くべく、シンプルなストーリーと感動を盛り上げる映像美と音楽にこだわったという。本楽曲については、「この曲は、本作の感動的なテーマである“真の友情を見つけ出し、大切に育むこと”に完璧にマッチしているばかりか、主人公アーロと少年スポットの関係を思い起こさせてくれます」とコメントしている。

■公開情報
『アーロと少年』
3月12日(土)全国ロードショー
監督:ピーター・ソーン
製作:デニス・リーム
製作総指揮:ジョン・ラセター
原題:The Good Dinosaur
全米公開:2015年11月25日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版