>  >  > ギャスパー・ノエ『LOVE【3D】』公開へ

3Dで大胆な性描写を追求 ギャスパー・ノエ最新作『LOVE【3D】』公開決定

関連タグ
LOVE【3D】
カンヌ国際映画祭
ギャスパー・ノエ
フランス
洋画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160124-love3d.jpg

『LOVE【3D】』日本版ポスタービジュアル (c)2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES .  SCOPE PICTURES .

 ギャスパー・ノエ監督の最新作『LOVE【3D】』が、4月1日に公開されることが決定し、ポスタービジュアルが公開された。

 本作は『カルネ』『アレックス』のギャスパー・ノエ監督が『エンター・ザ・ボイド』以来、約6年ぶりに手がけたメロドラマ。若い妻と2歳の子供と一緒に暮らす青年マーフィーは、1月1日の早朝、留守番電話のメッセージにより、行方不明になってしまったかつての恋人エレクトラを思い出す。マーフィーにとっての生涯最大の愛、エレクトラと過ごした2年間の日々が、3Dで描き出される。第68回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門で上映された際には、プレスや一般客が殺到し、その内容から物議を醸した話題作だ。

 前作『エンター・ザ・ボイド』公開前のインタビューでは、次回作の構想に「3Dポルノをやるかも」と答えていたノエ監督。「私のこれまでの映画とは違う、私のすべての映画の中で、その存在を最も近く感じられる、そして最もメランコリックな映画だ」と、本作がこれまでの自身のフィルモグラフィーにおいても異色であることを明らかにしている。

 キャストには、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の最新作『The Neon Demon(原題)』に出演するカール・グルスマン、モデルとして活躍していたアオミ・ムヨック、サンローランの2016年クルーズコレクションのキャンペーンモデルに抜擢されたクララ・クリスティンらが名を連ねる。マーフィーを演じたグルスマンは、人生の大失恋を癒すために訪れたパリで、ノエ監督の友人と出会ったことがきっかけで、エレクトラを演じたアオミは、元々女優志望ですらなかったが、俳優の元恋人がカクテルパーティーでノエ監督と引き合わせたことがきっかけで、それぞれ出演が決まったという。ノエ監督は彼らについて、「このような成果を得られたのは、これまでの私の作品以上に、俳優たちーーアオミ、クララ、カールの勇気と信頼のおかげだ。彼らは三人の主役を演じることに喜んで同意してくれた。彼らの関与、才能、カリスマのおかげで、この映画は私が望んでいた100倍も良くなった」と賞賛の言葉を口にしている。

 このたび公開された日本版ポスターでは、「愛は善悪を超える。愛は精液、体液、そして涙ーー」という意味深な言葉とともに、2人の女と1人の男が舌をからめる挑発的な様子が映し出されている。

■公開情報
『LOVE【3D】』
2016年4月1日(金)新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督・脚本・編集・製作:ギャスパー・ノエ
撮影:ブノア・デビエ
音楽:ケン・ヤスモト
VFX:ロドルフ・シャブリエ、マック・ガフ・リーニュ社
出演:カール・グルスマン、アオミ・ムヨック、クララ・クリスティン
配給:コムストック・グループ
配給協力:クロックワークス
2015年フランス・ベルギー合作/英語/スコープ/135分/R18 
(c)2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES .  SCOPE PICTURES .

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版