>  >  > 『クリーピー』ベルリン国際映画祭正式出品へ

『クリーピー』ベルリン国際映画祭出品へ 黒沢清監督「ベルリン映画祭ってフトコロが深いですね」

関連タグ
サスペンス
ベルリン国際映画祭
川口春奈
東出昌大
竹内結子
西島秀俊
邦画
香川照之
黒沢清
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 黒沢清監督の最新作『クリーピー』が第66回ベルリン国際映画祭に正式出品されることが決定した。

 本作は、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の同名小説を原作に、『岸辺の旅』で第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の監督賞を受賞した黒沢清監督が映画化したサスペンス・スリラー。キャストには、西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之らが名を連ねる。

 出品が決まったのは、第66回ベルリン国際映画祭「ベルリナーレ・スペシャル」部門で、ワールド・プレミアが開催される。「ベルリナーレ・スペシャル」部門は、著名な映画人を称え、古典作品を上映することで観客を映画史の世界へと誘うことを主な目的とする、2004年に新設されたセクションで、エンタテインメント性・話題性の高い作品が上映される。過去には、『英国王のスピーチ』や『レ・ミゼラブル』、日本映画では、『二十四の瞳』『儀式』『東京家族』などが、同部門で上映されている。

 『クリーピー』は、同部門の中でも特に期待された作品が上映されるGala (ガラ・スクリーニング)枠で、欧州最大規模のキャパシティ1750席と最新の機器を備えた劇場フリードリヒシュタット・パラストで上映される予定だ。黒沢監督にとってベルリン国際映画祭は、1999年の第49回で「フォーラム」部門に出品された『ニンゲン合格』以来、17年ぶりの参加となる。第66回ベルリン国際映画祭は、2月11日から21日にかけて、ドイツのベルリンにて開催される。

黒沢清監督 コメント

たいへん驚いています。
荒々しいスリラー映画をよくぞ選んでくれました。
ベルリン映画祭ってフトコロが深いですね。

『クリーピー』特報

■公開情報
『クリーピー』
6月18日(土) 全国ロードショー
出演:西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之
監督:黒沢清
原作:「クリーピー」前川 裕(光文社文庫刊)
脚本:黒沢清、池田千尋
音楽:羽深由理
製作:「クリーピー」製作委員会
制作:松竹撮影所
配給:松竹、アスミック・エース
(c)2016「クリーピー」製作委員会
公式サイト:creepy-movie.com

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版