>  >  > 山本舞香、『殿、利息でござる!』に出演へ

山本舞香、『殿、利息でござる!』で瑛太の新妻役に 「仲がよい夫婦と伝わるように心がけた」

関連タグ
中村義洋
妻夫木聡
山本舞香
殿、利息でござる!
瑛太
邦画
重岡大毅
阿部サダヲ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 阿部サダヲ主演映画『殿、利息でござる!』に、山本舞香が出演することが決定した。

 『殿、利息でござる!』は、『武士の家計簿』などの著作で知られる磯田道史の近著『無私の日本人』の一編「穀田屋十三郎」を原作に、『ゴールデンスランバー』『予告犯』の中村義洋監督が映画化した時代劇。江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台に、年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を救うため、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げる「宿場救済計画」を立て、奔走する住人たちの姿を描く。

 造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を憂う主人公・穀田屋十三郎を阿部サダヲが演じるほか、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治役で瑛太、十三郎の弟で造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内役で妻夫木聡らが出演する。

 「JR SKISKI」の今季イメージガールとしても話題の山本舞香は、瑛太演じる茶師・篤平治の新妻なつ役を務める。時代劇映画への出演は今回が初となる山本は、宿場町の救済に励もうとする夫を、14歳年下ながら叱咤激励し、しっかりと支える若妻を演じる。出演決定の報とあわせて、劇中のスチール写真と、山本舞香、中村監督、池田プロデューサーによるコメントも公開されている。

20160107-tono01.jpg

山本舞香演じるなつ (c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

20160107-tono02.jpg

山本舞香演じるなつ (c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

なつ役 山本舞香 コメント

こんなに緊張感のある現場は初めてで、今回とても貴重な経験をさせて頂きました。中村監督は、普段とてもニコニコして優しい方なのですが、いざ撮影現場に入ると、厳しい面もお持ちの方で、作品に対しての強い想いを感じました。今回なつを演じるにあたっては、衣装合わせの時に中村監督から「篤平治となつは、実際に同じお墓に入るくらい仲がよかったんだよ」と聞きました。夫婦で同じお墓にはいるということが、当時は珍しかったと聞いて驚きましたが、すごく仲がよかった夫婦と伝わるように心がけて演じました。

中村義洋監督 コメント

舞香ちゃんの演じた「なつ」の役も実在の記録に散見できて、お墓も残っています。瑛太くん演じる茶師・菅原屋篤平治の年の離れた奥様で、どうやら気が強く、頭脳明晰な篤平治も頭が上がらなかったらしい。きっと、とんでもなくかわいい奥さんなんだろうな、と思って舞香ちゃんをキャスティングしました。現場では、あまりにかわいいもんですから「オッケー!」の代わりに「うん! かわいい!」を連発してたら旦那役の瑛太に変な目で見られて困りました。しかし、いい女優さんというのはかわいいだけじゃ勿論ダメなわけで、舞香ちゃんの魅力といえば、周りを飲み込むパワーを持つ明るさでしょうか。これはもう、本人も気づいてない「パワー」としか言いようのないものです。とにかく、いろんな意味で、強い。ちなみに空手が黒帯だそうで、試しに手のひらに正拳突きをお願いしたら、肘が2、3日おかしくなりました。

池田史嗣(松竹)プロデューサー コメント

稀に、現場にいるだけで全体の雰囲気が明るくなるような華やかさを持った女優さんに出会うことがあります。山本舞香さんは、まさにそういうタイプ。周囲を笑顔にするオーラは天性のもの。加えて確かな芯の強さがある頼もしい女優さんで(劇中では)夫の瑛太さんを完全に尻に敷いています。すぐ調子に乗る旦那の手綱を取る、しっかり者の年下女房。そんな、現代でも周りにいそうな二人の微笑ましいカップルぶり、この映画の見どころの一つです。 

■公開情報
『殿、利息でござる!』
5月14日(土)全国公開
出演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平ほか
監督:中村義洋
脚本:中村義洋、鈴木謙一
原作:磯田道史『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)
製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
配給:松竹
(c)2016「殿、利息でござる!」製作委員会
公式サイト:www.tono-gozaru.jp

最新作品レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版