>  >  > 年末企画:久保田和馬のベスト10

年末企画:久保田和馬の「2015年 年間ベスト映画TOP10」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1位:『ラブバトル』
2位:『国際市場で逢いましょう』
3位:『海にかかる霧』
4位:『海街diary』
5位:『アンジェリカの微笑み』
6位:『ジュラシック・ワールド』
7位:『さらば、愛の言葉よ』
8位:『BACK STREET BOYS : SHOW’EM WHAT YOU’RE MADE OF』
9位:『シンデレラ』
10位:『映画ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』

 2015年公開作で、2014年に鑑賞していた作品を入れるべきかどうするべきか迷ったが、結局2015年に鑑賞した作品のみで選出することにした。それによって『愛して飲んで歌って』、『ミッドナイト・アフター』、『草原の実験』、『共犯』の4本がランクインしなかったが、この10本に匹敵するほどの出来栄えだったと思っている。

 今年鑑賞した作品の中で私がベストに選んだのは、ジャック・ドワイヨン監督の久々の日本公開作となった『ラブバトル』。3月に公開されたが、未だにソフトリリースの予定がないのが非常に勿体なく思えるほどの怪作。男女がひたすら取っ組み合って求め合う力強いアクションの連続と、指先の所作で見せる感情とのコントラストや、映画のリズムに緩急をつける的確なモンタージュの数々に呆気にとられてしまった。劇場から出たときに、これほど幸福な気持ちに包まれた映画は、今年ではこれ一本だけである。『ポネット』から『ラブバトル』の間に作られたドワイヨン作品を、まだ機会が無く鑑賞できていないので、是非とも日本でロードショーしてもらいたいものだ。

 そして2位と3位には上半期に公開された韓国映画2本を選出。韓国文化への造詣が浅いと少々取っ付きづらいと言われた大河ドラマと、近年の韓国映画のイメージを継承するダークミステリーで、まったく異なるタイプの2作品だが、どちらも今年群を抜いて素晴らしい出来であった。ここ数年で再び勢いを取り戻した韓国映画界が、またひとつ進化を遂げたのである。来年も多くの話題作が日本に上陸するであろう、韓国映画界から目が離せない。

 また、6位の『ジュラシック・ワールド』、8位の『BACK STREET BOYS : SHOW’EM WHAT YOU’RE MADE OF』、10位の『映画ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』は、世代的なツボを押さえられて、やや贔屓目で観てしまったとはいえ、間違いなく2015年を代表する1本であった。

 こうして眺めてみると、フランス・韓国・アメリカ・イギリスがそれぞれ2本ずつに、日本とポルトガルが加わるバランスの良いランキングになったと、自分でも珍しく思う。今年は夏の大作も含め、全体的に佳作ぞろいで嬉しい限りだが、去年に続いて突き抜けて熱狂するほどのオールタイムベスト級の作品に出会えなかったのは少し残念であった。

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

「年末企画:久保田和馬の「2015年 年間ベスト映画TOP10」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版