>  >  > 『シビル・ウォー』日本版特報が公開に

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』特報が公開に 二分するアベンジャーズの戦い描く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」予告編

 マーベル・シネマティック・ユニバースの最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の特報映像が公開された。

 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、アイアンマンとキャプテン・アメリカの対立に発端する、アベンジャーズをニ分する“禁断の戦い”を描いたアクション・エンターテイメント。

 キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、アイアンマン役のロバート・ダウニーJr.を筆頭に、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソン、ホークアイ役のジェレミー・レナー、スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセン、ヴィジョン役のポール・ベタニー、アントマン役のポール・ラッドなど、これまでのMCUシリーズに登場してきたメンバーが揃い、主役映画の製作が決定しているブラックパンサー役のチャッドウィック・ボーズマンが今作で初めてシリーズに登場する。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に続き、アンソニー・ルッソとジョー・ルッソのルッソ兄弟が監督を務める。

 アベンジャーズが政府の許可なしに一切の活動禁止を言い渡される場面から始まる特報映像では、“自らの行動は自らが責任を持つべきだ”という信念を持つキャプテン・アメリカが反発する様子が描かれる。アイアンマンは、「冷静に考えるんだ、法を破れば悪と同類だ」と説得を試みるが、キャプテン・アメリカは「すまない。他に方法がなかった…友にために」と悲痛な決断を口にする。キャプテン・アメリカとウォーマシン、アイアンマンとウィンター・ソルジャーらが戦う様子が捉えられ、映像のラストでは、アイアンマンが「私も友だろ?」とマスクの下で悲しい表情を浮かべる様子が映し出される。

■公開情報
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
2016年4月29日(金)全国ロードショー
監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ロバート・ダウニーJr.、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ドン・チードル、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、チャッドウィック・ボーズマン、ポール・ラッド
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
原題:Captain America : Civil War
全米公開:2016年5月6日
(c)2015 Marvel.
公式サイト:Marvel-japan.jp/Civilwar

「『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』特報が公開に 二分するアベンジャーズの戦い描く」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版