>  >  > 『ブリッジ・オブ・スパイ』特別映像が公開に

『ブリッジ・オブ・スパイ』特別映像公開へ スピルバーグがトム・ハンクスとの関係性を明かす

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ブリッジ・オブ・スパイ』スティーヴン・スピルバーグ監督特別映像

 2016年1月8日に公開を控える『ブリッジ・オブ・スパイ』より、スティーヴン・スピルバーグ監督が撮影のエピソードを明かす特別映像が公開された。

 『ブリッジ・オブ・スパイ』は、コーエン兄弟による脚本を、スピルバーグがトム・ハンクスを主演に迎えて手がけたエンターテインメント大作。1950年〜60年代を舞台に、アメリカ人弁護士のジェームズ・ドノヴァンが、ソ連のスパイ弁護を引き受けたことをきっかけに、国際交渉の世界に足を踏み入れる模様を描く。

 このたび公開された特別映像は、スピルバーグが本作についてのエピソードを語ったもの。映像の前半では、ゼレラル・エレクトリック社の技術者だった彼の父親が、仕事で冷戦下のソ連を訪れた際のエピソードを披露し、作品の中でも描かれるU-2撃墜事件について、「父からこの話を聞いて以来、U-2撃墜事件が頭から離れなかった」と語っている。

 また、主人公のジェームズ・ドノヴァンを演じたトム・ハンクスとの関係性を、「トムと私は互いを知り尽くしている。もう長年の関係だからね」と明かしながら、「ただでさえ、創造性が豊かなのに、さらなる独自性を常に求め、何にでも挑戦する姿勢が本当に素晴らしい。4度目のタッグともなると、あうんの呼吸で楽勝だったよ」と、ハンクスとの撮影エピソードを振り返った。

 ジェームズ・ドノヴァンが弁護を担当するソ連のスパイ、ルドルフ・アベル役を演じ、先日発表されたニューヨーク映画批評家協会賞助演男優賞を受賞したマーク・ライランスについては、「トニー賞に3度も輝いた舞台俳優で、彼の演技を一目見て非凡な才能の持ち主だと分かった。『十二夜』での演技を見てさらに確信したよ。それで声を掛けたんだ」と、起用に至った経緯を明かしている。
 
■公開情報
『ブリッジ・オブ・スパイ』
2016年1月8日(金)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ジョエル&イーサン・コーエン
主演:トム・ハンクス
(c)Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy/

「『ブリッジ・オブ・スパイ』特別映像公開へ スピルバーグがトム・ハンクスとの関係性を明かす」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版