>  >  > 『マイ・インターン』興収も絶好調

宇野維正の興行ランキング一刀両断!

女性客が牽引する秋の興行模様 絶好調『マイ・インターン』と、20億突破の『ヒロイン失格』

関連タグ
ヒロイン失格
マイ・インターン
宇野維正
興行収入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20151020-rank.jpg

 前回初登場1位の『図書館戦争 THE LAST MISSION』が、先週末の動員でも1位をキープ。しかし、土日2日間の動員13万351人、興収1億7381万9400円という数字は初週の約半分で、大きく勢いを落としている。同じく地上波テレビ局がガッツリと製作に関わっていて、客層が被りそうな作品として、今週末には三谷幸喜監督『ギャラクシー街道』の公開が控えていることもあり、このペースだと2年半前の前作『図書館戦争』を超えるのは難しそうな雲行きだ。

 一方、2位の『マイ・インターン』は土日2日間で動員10万6352人、興収1億5190万6300円という結果に。ランキングも先週3位からアップして、動員前週比でも81%と好調が続いている。先週のコラムでも指摘したように、これは同系統の大人の女性をターゲットとする作品が同時期の公開作に少ないことが影響しているはず。作品の評判も上々で、まだまだ数字を伸ばしそうだ。
 
 公開5週目の『ヒロイン失格』は先週末も4位で、遂に累計興収20億円を突破。今年、同系統のティーン女子向け作品で20億を超えたのは、『ビリギャル』(累計興収28.3億)、『ストロボ・エッジ』(累計興収23.2億)に続いて3本目。他に今年の実写日本映画で20億を超えている作品が『HERO』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(前篇)、『暗殺教室』、『アンフェア the end』、『寄生獣 前篇』の5本しかないことを考えると、いかにこのジャンルが現在の日本映画において大きなポジションを占めているかがわかる。

     
  • 1
  •  
最新作品レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版