>  >  > 『ピクセル』故郷に錦を飾る!?

宇野維正の興行ランキング一刀両断!

『ピクセル』故郷に錦を飾る!? ここにきて夏の大作群は大失速

関連タグ
ジュラシック・ワールド
ピクセル
ベイマックス
宇野維正
興行ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150915-rankth_.jpg

 つい2週間前まで「今年の夏は空前のヒット作連発状態!」と盛り上がっていたのが嘘のように、9月に入ってから冷たい秋風が吹いている日本各地の映画館。最初に整理していくと、「本年度トップは確実! 100億超えもあるか!?」という勢いだった『ジュラシック・ワールド』は5位に転落、先週末の時点で約82億。100億超えどころか、本年度トップの『ベイマックス』の91.6億を抜き去ることができるかどうかも微妙な趨勢となってきた。『ジュラシック・ワールド』とともに今夏の洋画旋風の原動力となっていた『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』は先週末7位。こちらはまだ50億手前で、前作『ゴースト・プロトコル』の54億に届かない可能性も。50億前後の攻防という点では、8位の『ミニオンズ』も同様。ただ、こちらは既にシリーズ前作の約2倍の興収をあげているので、これ以上は高望みと言うべきかもしれないが。

 夏の大作が大失速する中、先週末に初登場1位を獲得したのは『ピクセル』。ただし、全国620スクリーン、オープニング2日間で動員13万9339人、興収2億1578万2700円という数字は「大ヒット!」と呼ぶには物足りない成績だ。もっとも、既に累計17億を超えている先週末4位の『テッド2』同様、本国アメリカでは興収も作品評価もあまり奮わなかった作品だったので、日本で1位となっただけでも快挙とするべきかもしれない。パックマンやドンキーコングを筆頭に日本生まれのゲームキャラクターが大挙して実写作品の中で大活躍し、作中には「パックマン生みの親」の日本人ゲーム開発者も出てくる(相変わらずのハリウッド映画における類型的な日本人描写ではあるが)など、日本人の観客にとっては親しみのある題材の作品だけに、本国での期待外れな結果を受けて予定されていたシリーズ化が頓挫しそうだというニュースは残念だ。

 先週末公開の他の新作も奮わない。初登場3位の『天空の蜂』は全国312スクリーン、オープニング2日間で動員12万5917人、興収1億6141万4600円の成績。「洋画大作に匹敵する」と謳った事前の大量プロモーションは、作品の中身だけではなく、興行成績においても完全に空振りしたかたちだ。

     
  • 1
  •  
最新映画レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版