>  >  >  > 中川五郎

中川五郎

(ナカガワゴロウ)

プロテスト・シンガーとして、その名を知られた中川五郎は、69年にソロとしてのデビュー・アルバム『終わり はじまる(バックをジャックスが担当)』をリリースするが、翌70年には歌手廃業を宣言しフォーク雑誌の編集者に専念する。しかし、その後、ヴァギナ・ファック、たらちねしょんしょんバンド(どちらも大きな声では言えない)といったバンドを結成し音楽活動を再開。8年ぶりのアルバム『25年目のおっぱい』を発表する。かつてのプロテスト・ソングというスタイルは影をひそめ、大半の内容は、自身の実生活をもとにした赤裸々な告白(夫婦の関係や、子供のミルク代を稼ぐために労働する生活者の現実)が占めている。そして78年、ニュー・ファミリーのその後の憂鬱をテーマにした名作『また恋をしてしまったぼく』を発表。ひ弱な自分や情けなさ、どうしようもない日常をさらけ出せる彼の姿勢からは、逆に本来の真摯な愛や男気を感じることができる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版