> ザ・ジェッジジョンソン

ザ・ジェッジジョンソン

(ザ・ジェッジジョンソン)

正確な誕生年月日は不明だが、中心人物である藤戸じゅにあ(vo&g)が学生時代に音楽活動の名義として「ジェッジジョンソン」を名乗ったことが始まりと云われている。そこに現在のメンバー、池橋壮一(g)、中沢大介(b)が流動的に参加して現在の編成となるため、一般的なバンドの様な結成日が存在しない。また、趣味レベルの活動状況であったにも関わらず、自主制作で97年にフル・アルバム『MILKMIX』、01年にマキシ・シングル「FIGRE3A」、フル・アルバム『Garbandian Strike』を発表するなど、当時からそのデザイン・センスや音楽性から、熱心なコア・ユーザーが多く居たために活動歴は長いと思われがちだが、実際に活動が本格化してインディーズで認知されはじめたのは、東京・下北沢の老舗レーベル<UKプロジェクト>に所属して、アルバム『DEPTH OF LAYERS UPPER』『DEPTH OF LAYERS DOWNER』を発売した04年頃であり、ここがバンドの正式活動の始まりという見方が強い。

今でこそエレクトロという概念が一般的に浸透しているが、活動開始当初は、当時としては特異な音楽性とドラム不在のメンバー編成によって「ドラムが居ないから打ち込み」と揶揄され、ライヴハウスに出演を断られるなど、差別や偏見と闘いながらの過酷な活動状況であった。困窮した結果、「ライヴが出来るなら共演者のジャンルを選ばない」という方針を取るが、これがジャンル的な誤解に拍車をかけてしまい、長らく正当な評価をされることが無かった。その後、東京・下北沢のライヴハウス“CLUB Que”の店長の目に止まり、全面的なバックアップを受けたことがきっかけで状況は一変する。下北沢を中心にライヴ活動を勢力的に行い、アルバム『DEPTH OF LAYERS DOWNER』は、カナダやブラジルなどのFMチャートやカレッジ・チャートにおいて、口コミでトップ5にランクインするなど一定の評価を得た。

07年には<キングレコード>が新たに設立したJ-ROCK部門のレーベル<UNITED TRAX>と契約し、08年4月にアルバム『Discoveries』で遂にメジャー・デビューを果たす。09年2月には前作より10ヶ月という短い期間でアルバム『12WIRES』を発表。元来メジャー志望では無かったため、(藤戸をはじめとするメンバーが管理職クラスのサラリーマンもしくは社会人であったため)結成以来、宣伝を嫌い露出を避け続けていたが、07年以降は、雑誌のインタビューや『SUMMER SONIC』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『COUNTDOWN JAPAN』などの日本国内最大級フェスへの参加など、露出を増やす傾向にある。また同時に、坂本龍一と矢野顕子の実娘であるミュージシャン坂本美雨への楽曲提供を行うなど、活動の幅も広がりつつある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版