>  >  >  > 葛城ユキ

葛城ユキ

(カツラギユキ)

酒を飲みすぎたようなハスキー・ヴォイスでシャウトする「ボヘミアン」でおなじみの葛城ユキ。彼女は、ハードロック歌謡の先駆者だ。
80年に「哀しみのオーシャン」でデビューを果たし、本格派ヴォーカリストとして脚光を浴びる。そして、飛鳥涼が作詞した83年の「ボヘミアン」が大ヒットを記録。カーリーヘアを振り乱して絶唱する彼女は、そのエキゾチックなルックスと相まって、お茶の間に強烈なインパクトを残した。翌84年には、当時ヒットしていたボニー・タイラーの「ヒーロー」(原題:ホールディング・アウト・フォー・ア・ヒーロー)をカヴァー。ハードな曲調が葛城のダイナミズムを十二分に引き出したこのナンバーにより、ロック・ヴォーカリストとして不動の地位を築いた。
以後も同路線を貫き、最近は中国などでも精力的にコンサートを行い、国際交流に貢献。葛城ユキが熱い魂から繰りだす咆哮は健在である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版