>  >  >  > おおはた雄一

おおはた雄一

(オオハタユウイチ)

75年生まれ、茨城県土浦市出身のシンガー・ソングライター。アコースティック・ギターでの弾き語りを得意とするブルース・アーティストである。
デビュー前は都内ブルース・バーなどで演奏活動を続けており、ブルースマンとしての腕を磨いてきた。こなしたライヴ本数は年間200本以上だというから驚きだ。03年にクラムボンのメンバー等と知り合い、現在の活動へと続く流れが動き始める。
04年、1stアルバム『すこしの間』リリース。シンプルながらも心に響くアコースティック・ソウル・サウンドにより、支持層を広げる。05年発表の2ndアルバム『ラグタイム』にはクラムボン、カセットコンロス、アノニマスなどのメンバーが参加。06年には3rdアルバム『ふたり』をリリース。この作品では、これまで1人で作り続けてきたのに対し、2人で作ることをテーマとしており、持田香織(Every Little Thing)とのデュエット曲「ふたりの音楽」を始め、坂田学、高田蓮、神田朋樹といったミュージシャンが参加した。07年にはそれぞれ“静”と“動”をイメージしたという2枚のミニ・アルバム『song book』『song book 2』を連続リリースするなど、良質な作品を世に放ち続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版