>  >  >  > Youth of Today

Youth of Today

(ユース・オブ・トゥデイ)

80年代後半のニューヨーク・ハードコアを代表するだけではなく、当時のストレート・エッジ・ムーヴメントを象徴するバンド。すべてにおいて圧倒的な音楽性と存在感により、その影響力は解散後も衰えてない。
ヴァイオレント・チルドレンでドラムを叩いていたレイ・キャポ(vo)がポーセル(g)と意気投合して、85年に結成される。メンバー・チェンジは激しかったが、この2人は不動だった。いきなり数枚のコンピレーション盤や7″EPで音源を次々と発表。そして、86年に1stアルバム『Break Down The Wall』をリリースする。当時メンバーには、後にシック・オブ・イット・オールでベースを弾くクレイグもいた。怖いほどの気合と熱情が噴出するヴォーカルをはじめとして、尋常ならざるエネルギーで飛ばす不朽の名盤である。いわゆる”ニューヨーク・ハードコア””オールド・スクール””ユース・クルー・スタイル”とも呼ばれるタイプのハードコアの決定版と言えるし、後の無数のバンドの手本になっている。そして88年に2ndアルバム『We Are Not In This Alone』を発表。このころになるとユース・オブ・トゥデイは、もはやカリスマとなっていた。しかしヨーロッパ〜全米ツアーをしたあと、89年にその幕を閉じる。その原因は、高まりすぎた人気に対する戸惑いやメンバー間での価値観の違いなどがあったようだが、絶頂時での解散ゆえ、バンドのテンションのレベル・メーターがレッド・ゾーンに振り切れてしまったとも解釈できる。
ストレート・エッジというと禁欲的なイメージもあるし、まあ実際そうだったりもするのだが、ユース・オブ・トゥデイは不条理を正すというポジティヴな姿勢が根本にあった。世の中が腐っていると文句を言うならまずは自分が行動で示す、ってことだ。なお解散後のメンバーは、シェルターやベター・ザン・ア・サウザンドなどで活動。 (行川和彦)

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版