>  >  >  > Young Jeezy

Young Jeezy

(ヤング・ジージー)

コワモテで存在感丸出しなルックスにドスの効いたお声、そしてハードコアでイカツいラップと「ザァァッツ・ラァァイ!」というパンチ・ラインでオナジミのヤング・ジージー。“スノウ・マン”の愛称でも知られる<Def Jam>看板アーティストの一人である。
ノースカロライナ州生まれの彼は、移住先のアトランタにて90年代後半より頭角を現し始め、自ら<Corporate Thugs Entertainment>を設立するなど、ビジネスマンとしてもその手腕を発揮。そのインディ・レーベルからリリースした数々の作品を聴いたP.ディディーのもと、グループ=ボーイズ・ン・ダ・フッドが結成され、<Bad Boy>からリリースされたアルバム『Boyz N Da Hood』は全米アルバム・チャートTOP10入りを果たしている。
その後、ソロ・アーティストとして<Def Jam>とディールを締結、04年にシングル「オーヴァー・ヒア」でソロ・デビューを果たす。続けてエイコンをフィーチャーした「ソウル・サヴァイヴァー」などのヒットを飛ばし、05年には1stアルバム『レッツ・ゲット・イット:サグ・モチベーション101』をリリースし、なんとマルチ・プラチナムを獲得。その後もマライア・キャリー、クリスティーナ・ミリアン、ファボラスをはじめ、数々のアーティストへの客演も果たし、06年には2ndアルバム『インスピレーション』をリリース。同アルバムがビルボードのアルバム・チャートとR&B/ヒップホップの両部門で見事初登場1位に輝き、シーンを代表するアーティストとしてその存在を不動のものとさせている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版