>  >  >  > 村田陽一

村田陽一

(ムラタヨウイチ)

音楽の境界線を越えて自由に活躍する男。ジャズというカテゴリーだけにとどめてしまうのはもったいない。
名トロンボーン奏者および名アレンジャーである彼は、スタンダード・ジャズは当然として、Jポップ(サザンオールスターズを筆頭に多種多様なアーティストにセッション・プレイヤーとして参加)/ファンク/フュージョン/フリー/サルサなど顔を出すジャンルは多岐にわたる。さらにCM音楽/TV音楽(代表的なところでは『古畑任三郎』のテーマ:アヴァンギャルドなブラス・アレンジの曲とオープニングがよくマッチしていた)/映画音楽(『東京上空いらっしゃいませ』など)といったサウンド・プロデュースでも活躍する。最近ではプロデューサー業での活動が目立つが、“一介のトロンボーン吹き”としての一面も忘れてはいない。リーダーを務めるSOLID BRASS(7人のホーン・セクションと村上“ポンタ”秀一のドラムのみ)ではベース・ラインまでホーンが受け持ちながらもスピード感あふれる見事なブラス・アレンジと共に、日本で右に出る者はいないほどの腕前を披露。高校時代に全日本ユース吹奏楽団、大学時代以降はオルケスタ・デ・ラ・ルス/米米CLUB/JAGATARAに在籍——という経歴をみれば納得ではあるが……。
2000年秋にポンタ、佐山雅弘(p)と共に<スリー・ヴューズ・レーベル>を発足。この3人が様々なアーティストをプロデュースしていくのが目的であり、「世の中の音楽に問題提起をしていきたい」と語る。手始めに挑戦状として『スリー・ヴューズ』というアルバムを制作し、ゲストに忌野清志郎、布袋寅泰、吉田美和を迎えている。これからが楽しみ、楽しみ……。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版