>  >  >  > 清水靖晃

清水靖晃

(シミズヤスアキ)

ピーター・グリーナウェイ監督映画『枕草子』に楽曲を提供、ビョークのレコーディングに参加、そして細野晴臣と深い親交をもつことでも知られる作曲家/サキソフォン奏者。78年にアルバム・デビュー。以降、バンド“マライア”の活動で広く知られた彼は、83年にプロジェクト“サキソフォネッツ”をスタートさせる。そして、96年〜99年にJ.S.バッハの「無伴奏チェロ組曲1-6」を世界で初めてテナーサキソフォンで録音。97年発表の『バッハ・ボックス』ではレコード大賞企画賞を受賞する。また85年〜91年にかけてはパリとロンドンを拠点に活動し、さまざまなアーティストとコラボレーションを重ね、3枚のアルバムをレコーディング、プロデュースを行う。この間、さらに数多くの映画やアート・ビデオの音楽を手掛け、その映像に対してある距離をもちつつ触発し、広い意味での“実験的”なサウンドは映像作家たちから強い支持を受けている。近年ではアルバム『セヴンス・ガーデン』、『シネフィル』、映画『ステレオ・フューチャー』のサウンドトラックをリリース。バッハプロジェクトとしてのコンサート活動は96年からスタートしたが、2000年からは美術館の特殊な意味空間に注目し、数々のパフォーマンスを行っている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版