>  >  >  > 夏木マリ

夏木マリ

(ナツキマリ)

73年にシングル「絹の靴下」でデビュー。世の男性すべてが前かがみ状態に陥った妖艶なフィンガー・アクションとハスキー・ヴォイスで、一躍”セクシー歌謡”のトップに君臨。柔らかくカールした髪、つけまつげバッチリのアダルト・メイク、細身なのにグラマラスな体躯——”大人のいい女”をあれほど完璧に体現したひとが他にいただろうか。いや、いない(←二重否定を用いて強調してみました)。
しばらくセクシー歌謡路線を続けたが、以降大きなヒットに恵まれなかったのは残念。しかしドラマ・舞台で本格的に女優業を開始し、特にミュージカルや恒例のひとり芝居『印象派』において高評価をマーク。——幻惑的で大胆、そして魔的な魅力すら放つ彼女の表現力は、激しいドラマに身を投じたときのジャンヌ・モローにも共通するパッションが漲っている。とにかく「一流の女」「気高い女」と認識してもらえば間違いないでしょう。
また90年代以降で忘れてならないのが、小西康陽全面プロデュースによる『9月のマリー』(95年)、『ゴリラ』(96年)で確立したドメスティック・シャンソン(妙な言い方になるが)の圧倒的艶やかさ。恋に破れた女、捨てられても待つ女、不幸な女、男に翻弄される女、生きながらにして死んだ女……といった、シャンソンに欠かせない「哀」と「悲」を高貴に歌い上げる様が見事。いや、気絶するほどカッコいいのだ。監督&演出=小西と女優=夏木の極上のコラボレイトは三度のメシを抜いてでも是非!
02年以降の新作は、小西康陽主宰の<readymade>レーベルから発表されるとのこと。

夏木マリの記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版