>  >  >  > 五つの赤い風船

五つの赤い風船

(イツツノアカイフウセン)

中川イサトと藤原秀子らが在籍したザ・ウィンストンズを前身に67年に結成される。レコーディングに外部のミュージシャンを迎えいれるなど、フォークというジャンルにとらわれない、実験的で自由な音楽を追求。そのロック/ジャズ/現代音楽などを取り入れたサウンドは、今聴いても相当に斬新であり、西岡たかしの空間を浮遊するような歌声はアシッド・フォークとも表現できるかもしれない。72年にはアメリカ録音の先駆けである『ボクは広野に一人いる』を発表し、同時に現地でコンサートも行った。しかし、同年、惜しまれつつ解散。
だが、00年に入って再結成を果たし、久方ぶりにアルバム・リリース、コンサート活動を展開した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版