>  >  >  > Wings

Wings

(ウイングス)

ポール・マッカートニーのキャリアを語るうえで決して欠かせないのがウイングスである。ポール自身、あくまでもバンドの一員であることを主張していたが、実質上、彼のバック・バンドとしての様相が濃いようだ。それゆえ、音楽的にはソロ時代と比べても、ほとんど変化は見られない。要するに、メンタル的な部分で、バンド形態にこだわったということではないだろうか。言い換えれば、ビートルズに対する幻影の表れともいえる。
72年に、ポール(vo&b)、妻のリンダ(key)、元ムーディ・ブルースのデニー・レイン(g)を中心に結成。以来、数度のメンバー・チェンジを繰り返しながらも、『バンド・オン・ザ・ラン』『ヴィーナス・アンド・マース』『ロンドン・タウン』など、ロック史に残る名盤を数多く輩出していった。——その後、80年にリリースされたソロ作の成功、81年のジョン・レノンの悲劇が引き金となり、ウイングスは解散の道をたどる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版