>  >  >  > Wailing Souls

Wailing Souls

(ウェイリング・ソウルズ)

60年代半ばから、素晴らしいサウンドをコンスタントに作り続けるレゲエ・グループ。ブレイク前にはアーネスト・ラングリンのアルバムでバック・コーラスを務めたこともある。
他の多くのミュージシャン同様、名門レーベル<スタジオ・ワン>でベストとも言えるレコードを数多くリリース。彼らの繰りだす、クールでクッキリと強調されたハーモニー・ワークは、デビュー当初からずっと変わらないスタイルとして今でも健在だ。自在なヴォーカル・ワークとソングライティング力は、その後20年間にわたって彼らがトップ・ミュージシャンの地位を不動のものとした証であり、また最も素晴らしいのはその高いクオリティを現在までキープし続けているということだ。
ウェイリング・ソウルズは、70年代中盤に組んだ<チャンネル・ワン>レーベルのプロデューサー、”ジョジョ”フーキムと共に、「Things And Time」「Back Out With It」などのシングル・ヒットを飛ばし、スターダムを躍進。次に彼らは自らのレーベルを立ち上げ、よりアーティスティックに、そして財政的にも余裕のある活動を開始し、「Bredda Gravalicious」「Feel The Spirit」がマッシヴ・ヒットを記録している。その後はスライ&ロビーやハリー”ジンジョ”ルイスと組んで代表作「Fire House Rock」をリリース。80年代にはダンス・ホールのスタイルも取り入れ、まだまだ現役をアピールし、92年には大手<ソニー>と契約。アルバム『All Over The World』でその名をジャマイカ内外に広く知らしめた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版