>  >  >  > w-inds.の情報

w-inds.の情報

(ウィンズ)

1985年12月16日生まれの橘慶太(vo&dance)、1984年11月18日生まれの千葉涼平(cho&rap&dance)、1985年12月17日生まれの緒方龍一(cho&rap&dance)からなる男性ヴォーカル・ダンス・ユニット、w-inds.。00年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷でストリート・パフォーマンスを開始。その甲斐あってデビュー直前の01年3月には渋谷ホコ天で約8,000を動員し、満を持して1stシングル「Forever Memories」でメジャー・デビューを飾った。同年12月に発売された1stアルバム『w-inds.〜1st message〜』はオリコン週間ランキングで1位を獲得、年末に行われた第43回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。

毎年夏には10万人以上動員する全国ツアーを敢行しており、その活躍は中国・韓国・台湾・タイ・マレーシアなど東南アジア全域に拡がり、台湾においては04年にはアルバム4作連続総合チャート1位を記録するなど、日本人アーティストとして初の快挙を達成した。06年には台湾で行われた中華圏最大の音楽祭『MTV Mandarin Award 2006』に出演した際には台湾での実績が認められ、J-POP特別賞を日本人として初受賞。同年11月には韓国ソウルオリンピック競技場で行われた『MKMF2006』にてアジア最高ポップアーティスト賞を受賞した。08年、日越外交関係樹立35周年記念交流事業である『ハノイ・ホーチミン音楽祭』に参加。この時に日本ベトナム特別大使である杉良太郎と出会い交流を深め、後に杉良太郎作詞・作曲による配信限定シングル「Message」(09年11月)をリリースすることになる。

日本のみならず精力的なアジア全域での活動が功を奏し、絶大なる“実力と人気”を不動のものとしている。艶やかな慶太のヴォーカル、涼平・龍一によるパーフェクトなコーラスとダンスは益々磨きがかかり、その豊かな表現力は、世代を超えて拡がっている。イキのいいダンス・チューンから甘いバラードまでを抜群のコンビネーションでこなし、21世紀という新しい時代に新しい風を巻き起こしている。

w-inds.の記事
w-inds.、デビュー記念日に伝えた感謝の思い 『INVISIBLE』発売記念フリーライブレポ
w-inds.、デビュー16年記念日にフリーライブ開催
清水翔太、SKY-HI、w-inds.、三浦大知……同世代の男性アーティストが台頭する理由は?
w-inds. 橘慶太、クリエイターとしての能力を発揮 最新曲における2つのポイント
w-inds.、ニコ生スペシャル番組に出演 “三大将”モチーフのスーツ姿でトークを展開
w-inds.、「We Don't Need To Talk Anymore」MV公開 “男女の禁断の愛”を表現
w-inds.、『Forever Memories』ツアーファイナル香港公演終了 1月に新シングル発売へ
w-inds.、“2016年の姿”をパフォーマンスで表現 次の一歩踏み出したツアー国内ファイナル公演
w-inds. KEITA、筋トレのし過ぎでパフォーマンスに影響 「ダンスが踊りづらくなって……」
w-inds. 、プールサイドでダンス繰り広げる新曲MV公開
w-inds.、15周年ライブ上映会舞台挨拶レポート 新シングルリリース発表も
w-inds.、15周年両国国技館ライブを映像作品化 劇場での先行上映も決定に
w-inds.の新作は“時代性”を超えたサウンドに ニュージャックスウィング志向でチャート健闘
『RISING FES 2015~2016』に豪華アーティストが出演 最終日は動画サービスにて生中継も
w-inds.が語る、J-POPの新標準 「“失敗する”というイメージがまったく沸かなかった」
2015年はw-inds.とLeadが熱いーー10年選手ならではの実力に刮目せよ!
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版