> Vic Damone

Vic Damone

(ヴィック・ダモーン)

「ヴィック・ダモーンは業界一の声帯の持ち主だ」というフランク・シナトラの言葉の引用はよく目にするが、実はこれにはあまり引用されない続きがある…「でも彼はその使い方を時おり誤っているようだ」という。ヴィック・ダモーンは40年代当時のフランク・シナトラにメル・トーメを少し混ぜたような見事な声の持ち主で、その素晴らしさは年齢を重ねた今も衰えてはいないのだが、スタンダード・ナンバーを歌わせると彼の声はさらっと上滑りしてしまう。たとえば、「Laura」という曲のフランク・シナトラのヴァージョンは妄想的恋愛について胸騒ぎを感じさせる歌であるのに対し、ヴィック・ダモーンが歌った同曲は美しいラブ・ソングになっているのである。しかし、ダモーンのピュアなヴォーカルは春先のパリ以上にロマンスの予感を感じさせてくれるし、小規模なジャズ・バンドをフィーチャーした59年のアルバム『This Game of Love』などは穏やかな唱法と刺激的なスウィングが完璧に調和した傑作だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版