> Vainqueur

Vainqueur

(ヴァインクール)

ベルリンのレコード・ショップ<Hard Wax>にて店員を勤め、レーベル<Chein Reaction>の運営にも携わる旧東ドイツ出身の青年レネ・ロヴェによるユニット、ヴァインクール(フランス語で”勝者”を意味する)。
92年、Maurizioことマウリツィオ・フォン・オズワルドをリミキサーに迎えたデビュー・シングル「Ryot」が世界各地のアンダーグラウンド・テクノ・シーンを席捲。ノイジーな偏執狂的ミニマリズムとダビーな音響を伴ったこの作品は、直後にマウリツィオ・フォン・オズワルドとマーク・エルネストゥスが発足するレーベル兼ユニット<Basic Channel>のコンセプトに甚大な影響を及ぼした。——しばらくこの名義での作品は発表されなかったが、96年、<Basic Channel>の後継レーベル<Chain Reaction>よりシングル「Reduce」で復活。その後も「Elevation」「Solanus」といった傑作を残し、97年からは、DJピートとのダブ・ユニットRhythm & Soundにも参加している。ミニマル・テクノにありきたりなドラムやハットが皆無に等しい、反骨精神剥き出しのヴァインクール・サウンドは、想像力と独創性こそが人々を圧制に立ち向わせ、勝利へと導くことを雄弁に物語っているかのようだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版