>  >  >  > 宇多田ヒカルの情報

宇多田ヒカルの情報

(ウタダヒカル)

98年12月シングル「Automatic/time will tell」でデビュー。アナログ盤でのプロモーションが功を奏し、まずはクラブで大ヒット。一般向けに発売されたアナログ盤も即完売、入手困難となり、当時アナログ市場ではかなりの高値で取引された(同年デビューしたMISIA「つつみこむように…」と共に、当時クラブでかけると鉄板で盛り上がる楽曲として人気を二分しており、これらを持っていることがDJのステータスにも繋がるほどだった)。CDリリース後はこのデビュー・シングルでいきなりミリオンセールスを記録している。
以降、現在(09年2月)に至るまで大ヒットを連発。99年発表の1stアルバム『First Love』は約800万枚ものメガ・セールスを記録。その後も01年に『Distance』、02年に『DEEP RIVER』を発表、いずれもビッグ・セールスを記録している。04年にはR&Bの名門レーベル<ISLAND>と契約、utada名義で『EXODUS』を全米で発売し話題となった。06年5月に「This Is Love」を初のデジタル先行シングルとしてリリースし、6月には約4年ぶりとなる4thアルバム『ULTRA BLUE』を発表。そして11月に発売したシングル「ぼくはくま」では、可愛らしい童謡風の楽曲に挑戦しキッズの心までも掴んでしまう。08年3月にリリースしたアルバム『HEART STATION』もロング・ヒットを記録し、セールス100万枚を突破。09年3月にUtada名義のセカンド・アルバムをリリース。15歳という若さでシンガー・ソングライターとして大成功を収め、日本の音楽シーンのトップに立ち続けた宇多田ヒカルだが、今年いっぱいでアーティスト活動を休止することが2010年8月9日付のブログで発表された。

宇多田ヒカルの記事
宇多田ヒカル スタッフが語る、活動再開で得た実感「ポップミュージックの価値は目減りしていない」
THE BACK HORN、宇多田ヒカル共同プロデュース作に見るクリエイティブの“豊かさ”
宇多田ヒカル、SuchmosらMVで注目 映像作家・山田健人の“ストイック”な手腕を読む
宇多田ヒカル、dutch_tokyoこと山田健人が監督手がけた「忘却 featuring KOHH」MV公開
THE BACK HORN、宇多田ヒカルと共同プロデュースの新曲「あなたが待ってる」リリース決定
宇多田ヒカル、星野源、RADWIMPS、嵐、BABYMETAL…2016年彩った5作をプレイバック
宇多田ヒカル、小田和正と15年越しの“約束”果たす 「大変長いことお待たせしました」
『NHK紅白歌合戦』曲目発表 2016年の傾向は?
宇多田ヒカル、『30代はほどほど。』で生パフォーマンス披露 KOHHやハープ奏者朝川朋之氏と共演
宇多田ヒカル、PUNPEEがREMIXした『キングダム ハーツ』新作テーマソング「光」配信決定
宇多田ヒカルとの“距離”の近さを体感ーーネットイベント『30代はほどほど。』の楽しみ方
Billboard JAPAN、2016年年間チャート発表 “ヒット曲”の誕生変化が顕著に
タワーレコード、2016年年間チャート発表 宇多田ヒカル、SMAP、レッチリが各首位に
宇多田ヒカルが行う、配信放送の新たな試みーー国内初3DVR/2D生中継イベントへの期待
『紅白歌合戦』初出場にRAD、イエモン、宇多田、欅坂、KinKiら 音楽シーン賑わせた顔ぶれ揃う
宇多田ヒカル、3DVR/2D生中継イベント『30代はほどほど。』にKOHH&PUNPEE出演決定
宇多田ヒカル、デビュー記念日に3DVR生中継イベント『30代はほどほど。』開催決定
宇多田ヒカルと椎名林檎の佇まいは“神話”のよう 長きの親交が結実した“二人のための歌”
宇多田ヒカルが『VMAJ2016』年間アワード受賞 BBS中野雅之、Suchmos、ピコ太郎も登場
宇多田ヒカル、『Fantôme』収録曲「人魚」が「大エルミタージュ美術館展」テーマソングに
宇多田ヒカル「花束を君に」を蔦谷好位置、ヒャダインが分析 「自分の世界の持ち方が健在」
宇多田ヒカル『Fantôme』がオリコンチャート2週連続首位 本日よりシェアラジオ特番放送開始
宇多田ヒカル『Fantôme』、発売初週のセールス推移は? 傑作ポップスはこう広まる
宇多田ヒカル『Fantôme』、国内外で大反響ーーグローバルな音楽シーンとの“同時代性”を読む
“ファンが選ぶ音楽賞”『MTV VMAJ 2016』、受賞作品発表 BABYMETALが2冠獲得
宇多田ヒカル、新作『Fantôme』を大いに語る「日本語のポップスで勝負しようと決めていた」
宇多田ヒカル、「花束を君に」360度メイキング映像&『Fantôme』収録曲フルMV期間限定公開
宇多田ヒカルの新作『Fantôme』はハイレゾでどう聴こえる? 先行試聴会を詳細レポート
宇多田ヒカル『Fantôme』が音楽シーンの在り方を変える? 9月28日発売の注目新譜5選
宇多田ヒカル、民放ラジオ101局にて特別番組を放送 新作『Fantôme』を自ら紹介
宇多田ヒカル、活動休止した理由を『SONGS』で明かす「私に求められてたものから逃れた」
宇多田ヒカル、作詞法について明かす「辛くなると分かっててやりに行くことに意味がある」
宇多田ヒカル、活動再開後初のTV出演へ 表現者としての成熟をどう見せるか?
宇多田ヒカル「桜流し」のMVを『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』スタッフが制作 本日限定フル公開
宇多田ヒカルの新作『Fantôme』先行レビュー! 多彩なサウンドがもたらす「驚き」について
宇多田ヒカル『Fantôme』に椎名林檎、KOHH、小袋成彬が参加 林檎とのMV初共演も
宇多田ヒカル、新アルバムリード曲「道」ラジオOAスタート 101局でパワープレイに決定
宇多田ヒカル、再始動後初の本人出演「花束を君に」MV公開
宇多田ヒカル、約8年半ぶりアルバムタイトルは『Fantôme』 新アー写とジャケ写も公開に
宇多田ヒカル、8年ぶり6枚目のオリジナル・フルアルバムリリース決定 「桜流し」のCD初収録も
宇多田ヒカル、「花束を君に」MV完成版を公開 特別企画「#ヒカルパイセンに聞け」回答第一弾も
宇多田ヒカルのソングライティングはどう変化した? 新曲とこれまでの楽曲を改めて分析
宇多田ヒカル、「花束を君に」ギフトキャンペーンを実施 一部売上は「熊本地震災害義援金」へ
宇多田ヒカル、新曲「花束を君に」「真夏の通り雨」楽曲配信スタート MV&歌詞公開も
宇多田ヒカル、再始動祝う「#おかえりHIKKI」で特設サイトの“桜”が満開に
“テレビ×音楽”は新たな国民的ヒットソングを生むか? ceroの『SMAP×SMAP』出演の意義
宇多田ヒカルの新曲タイトル「花束を君に」に決定 再始動祝うプロジェクトも始動へ
宇多田、林檎、aiko、浜崎……1998年デビューの4人はいかに特別か 初単著上梓の宇野維正に訊く
宇多田ヒカルの楽曲はなぜ心地よいグルーヴを生む? 現役ミュージシャンが分析
宇多田ヒカルカバー集の売れ行きから見える、配信ダウンロード優位の時代 
宇多田ヒカルの15周年記念リマスターが発売 YANATAKEがハイレゾの重要性を紐解く
最速詳細レビュー! 宇野維正が『宇多田ヒカルのうた』を全曲解説
宇多田カバーアルバム、収録曲発表! 参加の井上陽水、椎名林檎、岡村靖幸、浜崎あゆみらがコメント
宇多田ヒカル、15周年記念カバーアルバムに椎名林檎、浜崎あゆみ、岡村靖幸、tofubeatsら参加決定
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版