>  >  >  > twenty4-7の情報

twenty4-7の情報

(トゥエンティーフォーセブン)

MIKA(MC)とME(SINGER)からなるHIP HOP×R&Bユニット、twenty4-7。04年から本格的にライヴ活動を開始。関西を中心としたクラブ活動を続け、06年に<rhythm zone>主催の『STARZ AUDITION』大阪大会に参加。見事、大阪大会優勝を果たし、06年10月に新鋭レーベル<STARZ LABEL>より発売されたコンピレーション・アルバム『STARZ FILE』に「GOING MY WAY」が収録され、インディーズながら本作が『PEACH JOHN THE CATALOGUE』CMソングとして大量O.A.されたことにより注目を集める。

07年8月には満を持して1stシングル「Fly Out」でメジャー・デビュー。この楽曲がTBS系『CDTV』9月度オープニング・テーマに起用され、コア・シーンからの指示に加え、メジャー・シーンからも注目も集める作品となった。07年11月に2ndシングル「Endless Road」を発表後、08年2月にはメジャー1stアルバム『Life』をリリース。インディーズ時代から歌い続けてきた「Get A Life」をリード曲とした本作は、<iTunes>HIP HOPチャート1位を記録するなど脅威のロング・セールスを記録。08年12月に発表された6thシングル「Get A Life〜Again〜」では、松雪泰子・椎名桔平主演の映画『余命』主題歌に大抜擢され、切なさを描いた究極のバラードが話題を呼ぶ。

そして09年2月には、更なる進化を遂げた“twenty4-7第2章”とも言える2ndアルバム『PROGRESS』を発表。MIKAのラップは、彼女でしか生み出せない独特のフロー、ライム、リリックに磨きがかかり、気持ちをストレートに届けるリリシストとしての彼女の存在感が際立ち、MEの歌はその表現力を増し、リスナーを時に優しく包み込み、勇気づけ、そして感情を揺さぶる傑作が誕生した。その後も、全国各地のイベントやクラブまで幅広い現場を沸かし、男顔負けのタフでクールなライヴはクラブ・シーンから人気を博している。

twenty4-7の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版