>  >  >  > トータス松本の情報

トータス松本の情報

(トータスマツモト)

1966年12月28日生まれ、兵庫県西脇市出身。言わずもがな日本を代表するロック・バンド、ウルフルズのフロント・マンである。90年にシングル「やぶれかぶれ」でデビュー以降、「ガッツだぜ」や「バンザイ〜好きでよかった〜」「明日があるさ」といったヒット曲を世に送り出す。バンド活動の傍ら、俳優としてドラマや映画にも出演し、音楽以外の分野でも活躍中だ。

03年2月、マーヴィン・ゲイやサム・クック、リトル・リチャードといった自身の敬愛するアーティストによるR&Bの大名曲をカヴァーしたアルバム『TRAVELLER』をソロとして発表。ウルフルズのヴォーカルとしてのみならず、ソロ・シンガーとしても多くの支持を得る。05年3月にはデビュー当時からの夢であった自身初の描きおろし絵本『わいもくん たんじょうの巻』を出版。かわいいキャラクター達と心温まるストーリが好評を博し、09年10月より<MUSIC ON! TV>でのアニメ放送がスタートしている。

07年4月には、レゲエ・シンガーRYO the SKYWALKERと共に“RYO the SKYWALKER & トータス松本”名義でコラボレーション・シングル「おはようJAPAN」を発表。横浜レゲエ祭など、数々のイベントにも飛び入り参加し、新たな一面を見せた。08年6月には日本テレビ系『ホカベン』主題歌に起用されたソロ1stシングル「涙をとどけて」をリリース。その後、配信限定シングル「花のように 星のように」やシングル「僕がついてる」「明星」の発売を経て、09年7月に自身初となるオリジナル・ソロ・アルバム『FIRST』を発表。

トータス松本のイメージ画像
トータス松本の記事
椎名林檎とトータス松本、「目抜き通り」配信開始 インタビュームービー公開も
椎名林檎、トータス松本とのデュエット曲「目抜き通り」配信リリース スペシャルムービーも公開
スガ シカオ、デビュー20周年イベントで斉藤和義、トータス松本、浜崎貴司と“感無量”共演
ミュージシャンらが振り返る、忌野清志郎の音楽 曽我部恵一「もう守るものが何もない、全部投げ出してる歌」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版