>  >  >  > Tony Levin

Tony Levin

(トニー・レヴィン)

世界最高峰の技巧派ベース/スティック(コントラバス)奏者。46年、マサチューセッツ州生まれ。70年代初頭よりセッション・ミュージシャンとして、ジャズ畑を中心に活躍。75年頃より、ロックへ傾倒する。ピーター・ガブリエルやアリス・クーパー、ジョン・レノンのバック・メンバーを見事務めあげ、知る人ぞ知る存在に。そして彼の存在をオーヴァー・グラウンドに押し上げたのは、80年の再結成キング・クリムゾンへの参加だろう。豊富な音楽的素養・経験を背景に、余裕綽々で繰り出されるトリッキーなフレーズは、多くのプログレッシヴ・ロック・ファンにその名を広めた。また、94年の再々結成クリムゾンにも加入。ロバート・フリップの、彼への信頼の厚さが窺われる。
ソロとしては、『ワールド・ダイアリー』(95年)、『ウォーターズ・オブ・エデン』(00年)、『ピーセズ・オブ・ザ・サン』(02年)を発表。ジャズ/プログレッシヴ・ロックの要素のほか、レヴェル・ミュージック/ニューエイジのテイストをも盛り込んだスピリチュアルな仕上がりとなっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版