>  >  >  > Tones on Tail

Tones on Tail

(トーンズ・オブ・テイル)

トーンズ・オン・テイルというのはバウハウスとラヴ&ロケッツとの間にあった短命なバンド。バウハウスのダニエル・アッシュとケヴィン・ハスキンスにお友達のグレン・キャンプリングが加わって、バウハウスとはまったく違ったサウンドを目指した。散発的にレコーディングされた音楽は、リズム的には複雑だが、ファンキーなベースラインや激しいビートといった、いわばダンス・ミュージックの感が強い。電気っぽさと几帳面さを鬱々とした歌の中に編み込んだとでもいおうか。ダニエル・アッシュのヴォーカルは大袈裟すぎず程よい感触で、ギターはといえば相変わらず長くひきずる残響が、ヴァイオリンかと思うほど背筋をゾクっとさせる。

Tones on Tailの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版