>  >  >  > Tommy Johnson

Tommy Johnson

(トミー・ジョンソン)

ミシシッピの州都ジャクソン。古くから綿花摘みの黒人労働者が集まり、デルタ地帯の農場への入口として形成された都市である。そして、この街を代表するブルース・マンがトミー・ジョンソンだ。
1896年にジャクソン近郊のプランテーションに生まれたジョンソンは、ティーンの頃より南部各地を放浪して廻り、チャーリー・パットンやウィリー・ブラウンと親交を深め、その過程で自らのブルース・スタイルを確立する。
レコーディングは28年と29年に行われたのみで20曲にも満たないが、「Big Road Blues」「Canned Heat Blues」「Black Mare Blues」など、どれもが不滅の名作だ。ヨーデルを多用した独特の唱法と、デルタのものとは異なるリズミックなウォーキン・ビートによる独創的なブルースは、ハウリン・ウルフやフロイド・ジョーンズなど戦後のブルース・マンをも虜にした。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版