>  >  >  > TOKYO MOOD PUNKS

TOKYO MOOD PUNKS

(トウキョウ・ムード・パンクス)

作家やイラストレーター、絵本作家、フォトグラファーなど多彩な顔を持つリリー・フランキー(vo&g)を筆頭に、グループ魂のギター兼プロデューサーである富澤タク a.k.a. 遅刻(g)、SLY MONGOOSEのベーシストを務める笹沼位吉(b)、ソロ・ユニットCUBISMO GRAFICOとして活動中の松田“chabe”岳二(per)、buffalo daughterやズボンズの一員として活躍後、現在はZAZEN BOYSのドラマーとして異彩を放つ松下敦(dr)が集まって結成された5人組スーパー・バンド。

08年4月に<tearbridge record>より1stシングル「ジェイミー」でデビュー。その後、インターネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みから書籍となり、映画化された小池徹平が主演を務める映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』の主題歌に起用された2ndシングル「ストロベリー」を09年11月にリリース。メンバー個々に様々な活動をしているので、定期的に作品リリースやライヴは行わないものの、豪華メンバーによる非常にクオリティの高いサウンドが各方面で話題を呼んでいることもあり、今後の活動に期待が高まるばかりだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版